アグネス・ラム2

[1] 名前:名無しさん :2021/04/07 (水) 19:33:35 No.1662
1662.jpg (498KB)
前スレが満杯になったので、新スレを立てます。 
 前スレ http://g2.gakinko.net/bbs/70nen34/res698.html

漫画&アニメ「うる星やつら」のラムちゃんのモデルは、アグネス・ラムだったんですね。

画像は、76年10月10日発行の週プレ特別編集「GIRL! GIRL! GIRL!」の、6ぺージ目です。
[2] 名前:名無しさん :2021/04/08 (木) 17:51:06 No.1663
1663.jpg (138KB)
週プレ特別編集「GIRL! GIRL! GIRL!」の、5ぺージ目の左下です。

グラビアアイドルという言葉が一般化するのは、1987年頃からでした。
その11年も前から人気者となり、ボインブームを作ったのが、アグネス・ラムでした。
アグネス・ラムのブレイクがきっかで、ボインを売りにした数々の人がデビューしましたが、
その大半は、アグネス・ラムと同様に外国人か、ハーフでした。
彼女たちは、ポスター・ガール、もしくはCFガールと呼ばれました。
[3] 名前:名無しさん :2021/04/10 (土) 20:30:19 No.1664
1664.jpg (485KB)
週プレ特別編集「GIRL! GIRL! GIRL!」から、2ぺージ後回しにして9ページ目です。
(6ページ目は、スレ画)

ボインのアイドル歌手のアグネス・チャンは、胸にサラシを巻いてボインを隠していました。
小柳ルミ子もボインでしたが、それを売りにはしていませんでした。
バスト90cmのボインを売りにしていた夏木マリは、バストサイズだけ大きかった感じです。
ボインの女優(中山麻里 等)は、最終的にヌードになるのが当たり前だった時代です。
そんな70年代前半を経て、76年に登場したアグネス・ラムは、
ヌードにならず、ビキニ姿だけで人気者になった最初のアイドル的存在でした。
[4] 名前:名無しさん :2021/04/11 (日) 21:53:16 No.1666
1666.jpg (497KB)
週プレ特別編集「GIRL! GIRL! GIRL!」の、10ページ目です。

70年代は、まだ一人のタレントだけによる写真集はありませんでした。
出しても売れないと判断されたためでしょう。大人気だったアグネス・ラムも例外ではありません。
人気アイドル歌手でも、近代映画の特集号のような雑誌スタイルの出版物はありましたが、
純粋に写真だけの写真集は、存在しなかった時代です。
アグネス・ラム等の、ポスター・ガール、CFガールたちは、
この「GIRL! GIRL! GIRL!」のようなオムニバス写真集で、活躍していました。
[5] 名前:名無しさん :2021/04/30 (金) 00:25:24 No.1672
1672.jpg (497KB)
週プレ特別編集「GIRL! GIRL! GIRL!」の、11ページ目です。

アグネス・ラムは、ハワイ在住の中国人とアメリカ人のハーフです。
75年3月に初来日以来、来日の度にCM出演していましたが、
同年11月のエメロン・ミンキー・トリートメントのCMが評判となり、
たちまち大人気となります。(以上、ウィキより)
私も、エメロンのCMは記憶にあります。

日本でのCMの大人気によって、ポスター・ガール、CFガールに留まらず、
歌手としてもデビューし、2枚のシングルとアルバムをリリース。
加山雄三が作曲したデビュー曲「雨上がりのダウン・タウン」を、
加山雄三と一緒に夜ヒットに出演した時、たどたどしい日本語で歌う姿が、可愛かったです。

イメージビデオ等が無かった時代、「太陽の恋人 アグネス・ラム」という短編映画が作られ、
他の長編映画と一緒に、全国公開されるほどの人気でした。
まだイメージビデオで、ボインを強調するノウハウが無かったので、
ハワイ在住のアグネスの日常をスケッチ的にロケするドキュメンタリーになっています。
[6] 名前:名無しさん :2021/05/01 (土) 03:42:26 No.1673
1673.jpg (496KB)
週プレ特別編集「GIRL! GIRL! GIRL!」から、7ページ目に戻ります。

アグネス・ラムの身長・体重・スリーサイズは、ウィキによると、
156cm・46kg・B90・W55・H92と書いてあります。
私が持っている雑誌のプロフィール欄では、158cmですが、BWHは同じ表記が多いです。
中には、身長160cm・B87・W60・H88と、控えめな表記もありました。

プロポーション抜群のアグネス・ラムでも、ウェストはそれほど細く見えないので、
W55は細すぎる表記で、W60の方が、見た目に近い感じがします。
ヒップは、かなりボリュームがあるので、最低でもH92はあるでしょう。
アグネス・ラムといえば、やはりボインで有名になったので注目はバストでしょう。
見た目から、現在のカップサイズで、推定Fカップは十分にあると思います。

当時は、国産でFカップのブラジャーはなく、アメリカ産のカップサイズも公表していません。
そもそもボインをカップサイズで表記する事は、この時代にはなく、全てバストサイズで
表記していました。仮にW60とすれば、アンダーバストは70cmぐらいなので、
推定Fカップならば、B92ぐらいはあると思います。

このカットは、白のホルターネックビキニを着て、海辺で座っているポーズを、
前に近い斜め前から撮ったカットです。
ホルターネックビキニは、ボインを外側から包み込んで、中央に寄せて、
ボインをさらに大きく見せる効果があり、ボインの人が愛用するビキニです。
この時代のホルターネックビキニは、左右の間が広い生地で繋がっていて、
下側の生地も広く、ボインを下側から持ち上げられるよう、工夫されています。

アグネス・ラムといえば、このビキニを連想する人も多いでしょう。
推定Fカップもある超ボインが、ホルターネックビキニで、その左右を圧迫され、
持ち上げられて、ビキニの中央から大量に溢れ返り、今にも爆発しそうなほど
パンパンに膨れ上がっているフォルムが、たまりません。
超ボインが、パンパンに膨れ上がる圧力に任せた力技で、ビキニをパンパンに膨らませ、
思いっきりグイグイ押し出し、分厚く膨れ上がっている姿は、圧巻です。
[7] 名前:名無しさん :2021/05/03 (月) 00:13:25 No.1675
1675.jpg (485KB)
週プレ特別編集「GIRL! GIRL! GIRL!」の、8ページ目です。

赤のストラップ付チューブトップビキニを着て、横に寝ながら、
上半身を斜め横に起こしているポーズを、横に近い斜め横の脚の方から撮ったカットです。
推定Fカップもある超ボインの重量は、推定1.62キロもあります。

チューブトップビキニは、ボインを圧迫し、上から溢れ返る姿を楽しむビキニですが、
両乳合わせて推定1.62キロもあるアグネス・ラムの超ボインになると、
あまりにも巨大重量過ぎて、チューブトップビキニでも圧迫出来ません。
逆に、超ボインの巨大重量に任せた力技で、チューブトップビキニがまん丸に変形するほど
パンパンに膨らませ、ハチキレ寸前まで思いっきりグイグイ押し出し、
分厚く膨れ上がっている姿は、壮観です。
[8] 名前:名無しさん :2021/05/04 (火) 00:37:26 No.1676
1676.jpg (497KB)
週プレ特別編集「GIRL! GIRL! GIRL!」の、12〜13ページ目です。

赤と青の三角模様の三角ビキニを着て、上半身を若干後ろにもたれ掛かりながら
座っているポーズを、前に近い斜め前から撮ったカットです。
推定Fカップもある超ボインが、パンパンに膨れ上がる圧力に任せた力技で、
ビキニの三角模様をひし形に変形させるほどパンパンに膨らませ、
分厚い生地のビキニがまん丸になるほど思いっきりグイグイ押し出し、
分厚く膨れ上がっている姿を、満喫出来ます。

あり余る超ボインが、ビキニの中央や横から大量に溢れ返り、超ボイン全体が、
今にも爆発しそうなほどパンパンに膨れ上がっているフォルムに、圧倒されます。
[9] 名前:名無しさん :2021/05/06 (木) 04:49:28 No.1677
1677.jpg (481KB)
週プレ特別編集「GIRL! GIRL! GIRL!」から、2つ折りピンナップです。

赤地に白模様のビキニを着て、立っているポーズの、直球勝負の正面カットです。
大きなビキニが超ボインを持ち上げようとしていますが、両乳合わせて推定1.62キロもある
アグネス・ラムの超ボインは、あまりにも巨大重量過ぎて、完全には持ち上がりません。
超ボインが、その巨大重量に任せた力技で、大きな三角ビキニを、
横長のビキニに変形させるほどパンパンに膨らませ、ビキニの模様が大きく歪むほど、
思いっきりグイグイ押し出し、押し下げながら、分厚く膨れ上がっている姿を、堪能できます。

推定Fカップもある超ボインが、大きなビキニを満杯にしながら、あり余る超ボインが、
ビキニの上から大量に溢れ返り、パンパンに膨れ上がっている姿が、たまりません。
ギュウギュウに詰まっている胸の谷間も、絶品です。
超ボイン全体が、まるでマスクメロンを2個、胸に付けているかのように、
まん丸のフォルムを保ったまま、今にも爆発しそうなほどパンパンに膨れ上がっている姿に、
圧倒されます。だからこそ正面カットでも、これだけ凄まじい立体感に溢れているのでしょう。
[10] 名前:名無しさん :2021/05/07 (金) 05:25:23 No.1678
1678.jpg (493KB)
週プレ特別編集「GIRL! GIRL! GIRL!」の、4つ折りピンナップは、
レタッチに時間がかかるので、後回しにします。

これは、平凡パンチの76年4月26日号からのカット(1ページだけ)です。

このカットがポスターになっていて、私がリアルタイムで初めて見たアグネス・ラムの写真です。
青のビキニを着て、海の浅瀬を歩いているポーズを、前に近い斜め前から撮ったカットです。
推定Fカップもある超ボインが、パンパンに膨れ上がる圧力に任せた力技で、
大きなビキニをパンパンに膨らませ、ビキニに何本もシワが出来るほど、
思いっきりグイグイ押し出し、分厚く膨れ上がっている姿を、満喫出来ます。
  竹島は日本の領土です。同意ならチェックを入れてください
投稿前に必ずここを読んで下さい
お名前
E-Mail
コメント
添付File
 
動画 コメントスペースにURLをコピペするだけです(YouTube,ニコ動に対応)