三田寛子

[1] 名前:名無しさん :2019/04/11 (木) 19:56:59 No.2505
2505.jpg (480KB)
シュガーの84年5月号の、4ページ目です。

CSのホームドラマチャンネルで、「藤子不二雄の夢カメラ2」が再放送されます。
4月27日(日) PM8:30〜10:00
オムニバス形式のドラマで、南野陽子・富田靖子・三田寛子の3人が、それぞれ主演です。
「藤子不二雄の夢カメラ」の方は、中山美穂・荻野目洋子・小泉今日子が、それぞれ主演していて、
見ていますが、2の方は見ていないので楽しみです。
キョンキョンと同様に、寛子も3人の中では一番先輩格なので、トリを努めています。
月曜ドラマランドは、なかなか再放送されませんが、
「藤子不二雄の夢カメラ」シリーズだけは、別格のようです。
[45] 名前:名無しさん :2020/01/24 (金) 02:20:26 No.3854
3854.jpg (494KB)
BOMBの82年4月号の、3ページ目です。
花の82年組の中では、デビュー時と2〜3年後で、あまり顔が変わっていないイメージが
ありましたが、やはりデビュー時の顔は、初々しくて素朴な感じがします。
寛子の場合、アイドル時代から現在までの30数間、
顔の劣化があまり感じられない事の方が、凄いと思います。
[46] 名前:名無しさん :2020/02/20 (木) 02:19:49 No.3962
3962.jpg (489KB)
BOMBの82年4月号の、14ページ目です。
寛子の、ゆったりとした独特な仕草や喋り方は、小学校1年〜中学校3年まで、
9年間も日本舞踊を習い続けていたからだと、分かりました。
単に京都生まれだけなら、他にも芸能人は沢山いるのに、寛子だけ独特なのも納得です。
ただ、「ちょっとドンくさいとこがある」のは、考えすぎるという生まれついての性格から
来ているのでしょう。「笑っていいとも」の時に、車の運転は危ないと、
タモリに注意されていた記憶があります。
[47] 名前:名無しさん :2020/03/11 (水) 01:08:25 No.4063
4063.jpg (488KB)
BOMBの82年4月号の、15ページ目です。
学校では目だたないおとなしい子。というのも、球技が苦手で卓球部をやめて、
読書クラブに入ったのも、寛子らしいですが、こり性なのはちょっと意外でした。
素人の頃に、コンサートの真似事をする子は、けっこういましたが、
宝塚に憧れるだけではなく、その真似事までする子は、珍しいと思いました。
スタ誕出場に反対する親は沢山いましたが、逆に「出場してみるか」と言う親は珍しかったです。
寛子は、宝塚には憧れていても、アイドルには興味がなかったので、応募しませんでした。
[48] 名前:名無しさん :2020/04/03 (金) 02:35:26 No.4163
4163.jpg (492KB)
BOMBの82年4月号の、4ページ目です。
「お寺」「大きな木」「林」「石段」と、好きなものが、
独特のヒロコ・モーションを生んだと思います。
[49] 名前:名無しさん :2020/04/20 (月) 02:21:00 No.4269
4269.jpg (450KB)
BOMBの82年4月号の、5ページ目です。
京都生まれの寛子は、古風な建物や自然をバックにしたカットが、似合います。
[50] 名前:名無しさん :2020/05/10 (日) 04:44:08 No.4389
4389.jpg (497KB)
BOMBの82年4月号の、16ページ目です。
「私、わりと内弁慶なんです。グループで固まると、にぎやかなんだけど、
ひとりでも知らない人に会うと、もうダメなんです。」
アイドル時代の寛子もそうでした。同期の82年組とは仲良くしていましたが、
先輩や良く知らない人と一緒だと、焦ってしまうタイプでした。
その焦りと、京都弁の独特な喋りによって、「笑っていいとも」での、
元祖バラドルとも言える魅力が開花しました。
[51] 名前:名無しさん :2020/05/29 (金) 02:55:21 No.4499
4499.jpg (497KB)
BOMBの82年4月号の、17ページ目です。
衣子ちゃんというクラスメートと、一番仲が良かったみたいですね。
中学生で、自分で作詞・作曲して、歌を歌っていたのだから、才女です。
彼女の影響で、ニューミュージックが大好きになったり、二人で遠出したりと、行動的になりました。
荒木大輔が好きな、普通の女の子の面も、持っていましたが。
寛子も、商品目当ての応募好きだった事が判ります。浅香唯の、赤いステレオ目当ての
コンテスト応募は、有名な話ですが、松田聖子もセブンティーンに応募したのは、
優勝したら、アメリカのディズニーランドに行けるからだったそうです。
そして寛子も、セブンティーンに応募します。
[52] 名前:名無しさん :2020/06/18 (木) 01:18:12 No.4599
4599.jpg (495KB)
BOMBの82年4月号の、6ページ目です。
上の顔のアっプは、大人しい感じの寛子の表情で、下の全身カットは、
何事にも興味深々な寛子の性格が表れている感じです。
[53] 名前:名無しさん :2020/07/14 (火) 04:07:02 No.4709
4709.jpg (448KB)
BOMBの82年4月号の、7ページ目です。

寛子が、後に結婚する歌舞伎役者の中村橋之助と付き合い始めたのは、
「男はつらいよ」の40作目(寅次郎サラダ記念日)に、寛子が出演している時、
同じ山田洋二監督の前作「ダウンタウン・ヒーローズ」に中村橋之助が出演した縁で、
山田洋二監督に会いに大船撮影所へ挨拶に行った時に、寛子と会ったのがきっかけです。
その後、ラジオの対談等、仕事にかこつけて寛子と会う中村橋之助。
結婚後、寛子のデビュー当時のアイドル本を中村橋之助が持っていて、
デビュー当時から寛子ファンだったという事が分かったそうです。
(2016年の「さんまのまんま」出演時に、話していました。)
[54] 名前:名無しさん :2020/12/05 (土) 00:23:00 No.4825
4825.jpg (491KB)
BOMBの82年4月号の、18ページ目です。
セブンティーンの80年8月に、敦子の写真が載り、それを見た芸能プロ(スターダスト?)の
マネージャーが興味を持ち、上京して歌のデモ・テープを作る事に。
その様子を見ていたのか、SONYのカセットデッキのCM出演が10月に決まり、
翌81年初に、CMが流れて、学校中に知れ渡ります。芸能活動禁止の中学校でしたが、
成績優秀で風紀委員もしていた敦子は、懲罰の対象にはなりませんでした。
芸能活動禁止の学校を辞めて、芸能界入りした浅田美代子(自主退学)や松本伊代(転校)は、
成績優秀じゃなかったのかも知れません。
2月に、「2年B組仙八先生」のオーディションに受かった敦子は、結局、
地元の高校へは進学出来ず、東京の高校へ進学する事になります。
[55] 名前:名無しさん :2020/12/21 (月) 00:00:47 No.4945
4945.jpg (487KB)
BOMBの82年4月号の、19ページ目です。
三田寛子が、アイドルとして活躍し始めても、京都弁を直さなかったのは、
東京弁が、荒っぽくてきつく感じ、怖かったからでしょう。
ドラマの同級生役には、後にシブがき隊としてデビューするヤックンもいたので、
特にきつく感じたのかな? 柏原よしえ・堀ちえみ・南野陽子は、
関西弁や兵庫弁を、標準語に直すレッスンを受けましたが、
三田寛子の場合は、あの柔らかい京都弁を直さなくて正解だったと思います。
[56] 名前:名無しさん :2021/01/06 (水) 03:14:45 No.5072
5072.jpg (453KB)
BOMBの82年4月号の、8ページ目です。
カラーページの最後は、カルピスソーダの広告です。
デビュー曲「駈けてきた処女(おとめ)」が、カルピスソーダのCMに使われました。
[57] 名前:名無しさん :2021/01/21 (木) 04:23:59 No.5186
5186.jpg (203KB)
2000年4月25日発行の、20世紀アイドルスター大全集・80年代編から、
三田寛子の1ページ目の左上です。
なお右上は、プロフィールが書いてあるので、次のスレ画にする予定です。
[58] 名前:名無しさん :2021/02/04 (木) 21:19:59 No.5305
5305.jpg (488KB)
BOMBの82年4月号の、20ページ目です。
子供の頃、9年間もやっていた日本舞踊が載っています。
後に歌舞伎役者と結婚する寛子が、日本舞踊を9年間もやっていたとは、運命を感じます。
[59] 名前:名無しさん :2021/02/17 (水) 22:41:44 No.5415
5415.jpg (470KB)
BOMBの82年4月号の、21ページ目です。
中学校では、成績優秀で風紀委員もしていた敦子なので、
小学校の卒業アルバムに書いた作文も、真面目な性格が出ています。
最後の方に、宇宙人とも友達になりたい。と書いてあるあたりは、小学生らしいです。
[60] 名前:名無しさん :2021/03/05 (金) 00:55:07 No.5543
5543.jpg (485KB)
BOMBの82年4月号では、この後デビュー曲のレコーディング情報等、
歌手デビュー後の寛子になるので、歌手デビュー前の寛子を貼って行きます。

月刊明星に初めて載ったのは、81年7月号でした。そのカットです。
花の82年組で、一番早く注目されたのは、歌手デビューが一番早い松本伊代ではなく、
ドラマ「2年B組仙八先生」で注目された三田寛子でした。
ドラマスタートと同時に、三田寛子という芸名が決まったそうです。

同じドラマで共演していたシブがき隊(当時は、シブがきトリオと呼ばれていた)は、
三田寛子がマドンナ的存在だったので、悪口を言わず、その分、シブがき隊になった頃に、
歌番組でレギュラーで共演していたキョンキョンに、悪口が集中していたんですね。

「そういえば百恵ネーサンのデビュー時に似ているぞ。」
そんなイメージは無かったけど、月刊明星初掲載(73年6月号)の山口百恵には、
似ていました。参考写真は、https://i.imgur.com/XhbCQpl.jpg
[61] 名前:名無しさん :2021/03/20 (土) 02:49:41 No.5672
5672.jpg (177KB)
月刊明星の81年7月号からの記事です。
アイドルの目覚まし時計が載っている特集に、早くも登場しています。
60の記事に書いてあるように、都立の高校に通っていたので、
朝が早いドラマの撮影では、まるで通えなくなり、明大付属中野高校定時制に転校したのでしょう。
[62] 名前:名無しさん :2021/03/21 (日) 11:58:01 No.5684
数年前はいいとものレギュラーでした。
[63] 名前:名無しさん :2021/04/03 (土) 23:51:55 No.5787
5787.jpg (493KB)
月刊明星の81年9月号の、1ページ目です。
寛子が京都弁で言っている文章を読むと、本人が喋っている声が聞こえてくる気がして、
不思議です。この当時の地方出身のアイドルは、関西弁も含めて、
みんな方言を標準語に直されていましたが、京都弁で、おっとりとした喋り方が魅力の寛子は、
それが寛子のキャラクターにピッタリだと考えたのか、直されませんでした。
これは、事務所の英断だと思います。
[64] 名前:名無しさん :2021/04/19 (月) 03:13:03 No.5908
5908.jpg (495KB)
月刊明星の81年9月号の、2ページ目です。
ラジカセで聞くテープの中に、松山千春があります。
キョンキョンと一緒に、ザ・ベストテンのスポットライトに出た時は、
「誰にリクエストハガキを書いていた?」という質問に、困った顔をしながら、
「あまりテレビに出ない人。松山千春さんとか。」と言っていました。

料理の腕はなかなかのものなのに、お菓子は苦手だったんですね。
(「笑っていいとも」の「お菓子大好き」のコーナーを担当していた時に発覚。)
でも苦手というより、「意外にそそっかしい」のが、原因のようです。
番組でも、ここに書いてあるように、まわりがびっくりするような大声で「キャッ!」。

「気をつけよう、その一口がブタになる。」という張り紙を、冷蔵庫に貼っている寛子。
でも、目標体重39キロは、過激だと思います。それじゃ、伊代ちゃんになってしまう。
伊代ちゃんが、まだ歌手デビューの3か月以上前の記事ので、意識はしていなかったと思います。
[65] 名前:名無しさん :2021/05/05 (水) 22:03:40 No.6037
6037.jpg (493KB)
月刊明星の81年9月号から、恐怖と怪奇のスター体験記のコーナーです。
京都弁で書いてあると、何か実体験が説得力を持ってきます。
  竹島は日本の領土です。同意ならチェックを入れてください
投稿前に必ずここを読んで下さい
お名前
E-Mail
コメント
添付File
 
動画 コメントスペースにURLをコピペするだけです(YouTube,ニコ動に対応)