本田美奈子

[1] 名前:名無しさん :2019/04/12 (金) 19:51:43 No.2514
2514.jpg (488KB)
平凡パンチの86年1月20日号の、5ページ目です。
歌手としては、アイドルよりアーティストを目指していた美奈子ですが、
雑誌グラビアでは、85〜86年にかけて、
素晴らしいスタイルを、水着グラビアで見せてくれました。
[2] 名前:名無しさん :2019/04/18 (木) 21:49:54 No.2551
2551.jpg (355KB)
2000年4月25日発行の、20世紀アイドルスター大全集・80年代編から、
本田美奈子の1ページ目の右上です。下に、プロフィールが載っています。
白血病によって他界したのは、2005年11月6日なので、プロフィールには書いてありません。
「本田美奈子.」と改名したのも2004年なので、改名前の名前になっています。
[3] 名前:名無しさん :2019/04/23 (火) 20:38:53 No.2582
2582.jpg (229KB)
20世紀アイドルスター大全集・80年代編から、1ページ目の左上です。
これは、5thシングル「1986年のマリリン」で大ブレイクし、
アーティスト宣言した頃でしょうか。
アイドルっぽい服よりも、ラフなファッションが似合います。
[4] 名前:名無しさん :2019/04/29 (月) 00:50:20 No.2612
2612.jpg (115KB)
20世紀アイドルスター大全集・80年代編から、1ページ目の右中央です。
5のようなアーティストっぽいファッションよりも、アイドル誌では可愛い格好や表情が目立ちます。
元々顔が可愛いから当然なのでしょう。
[5] 名前:名無しさん :2019/05/04 (土) 23:19:31 No.2649
2649.jpg (251KB)
20世紀アイドルスター大全集・80年代編から、1ページ目の右下です。
パジャマスタイルで、寝る前?の美奈子です。
聖子のぶりっ子ファッションでスタートした80年代アイドル界ですが、
菊池桃子のカジュアルファション以降、TPOに適した普段着を如何に可愛く着こなせるかが、
トップアイドルの条件のひとつとなりました。
[6] 名前:名無しさん :2019/05/11 (土) 00:38:49 No.2685
2685.jpg (312KB)
20世紀アイドルスター大全集・80年代編から、1ページ目の左下です。
これも、86年のアーティスト宣言より前だと思います。

82年、中学3年になった時にスター誕生を受け、決戦大会まで進出しましたが、残念ながら落選した
工藤美奈子(本名)。82年からスター誕生は、審査員を総入れ替えし、歌だけではなく
演技やバラエティ的要素も加味した採点に変わっていたので、工藤美奈子は落選し、
同じ決戦大会で松本明子が同格したのかも知れません。同じ回では、徳永英明も落選組です。
スター誕生の決戦大会にはボンド企画もいましたが、プラカードを上げず、翌83年に、
少女隊のメンバーを探していたボンド企画が、工藤美奈子をスカウトし、歌が上手いので
ソロ・デビューさせます。82年は、松本伊代の売り出しに忙しく、
余力がなかったのかも知れません。なお、苗字を「本田」に変えたのは、本名のままだと、
4ヶ月早くデビューした工藤夕貴と、苗字が同じになるからでしょう。
[7] 名前:名無しさん :2019/05/18 (土) 00:18:27 No.2725
2725.jpg (90KB)
20世紀アイドルスター大全集・80年代編から、2ページ目の右上です。

デビューした85年のシングルでは、やはり4th「Temptation(誘惑)」が一番好きでした。
新人賞レースでも歌っていたので、知っている人も多いでしょう。
初のオリコンベストテン入りを果たした曲でもあります。
デビューシングルを決める際は、2nd「好きと言いなさい」が、
当初デビューシングルの予定でしたが、典型的なアイドルソングの 「好きと言いなさい」よりも、
本田美奈子のストロング・ボイスが活かせる「殺意のバカンス」を、本人が強く希望し、
デビューシングルになりました。大人が聴ける歌謡曲(演歌ではなく)が、
少なくなっていたこの頃、新人がいきなりデビューシングルで、
大人が聴ける歌謡曲を歌っていて、当時としては異色だった記憶があります。
なおキャッチフレーズは、「好きと言いなさい」が残りました。
[8] 名前:名無しさん :2019/05/26 (日) 00:49:03 No.2766
2766.jpg (160KB)
20世紀アイドルスター大全集・80年代編から、2ページ目の右の上から2番目です。

4thシングルの「1986年のマリリン」で大ブレイクした美奈子。
この曲から有名なヘソ出しルックが始まりますが、その衣装はマドンナの衣装を元に、
美奈子自身がアイディアを出したものです。そして「私は、アイドルと呼ばれるより、
アーティストと呼ばれたい。」と、アーティスト宣言をします。
今でこそ、歌手=アーティストという呼び方が定着していますが、当時は、
アーティスト=シンガー・ソング・ライターで、自ら作詞・作曲出来る人だけでした。
そんな時代におけるアーティスト宣言は、賛否両論を生みます。
折しも、おニャン子クラブが全盛期を迎え、それに対する従来のアイドルの立場を
宣言したようなキョンキョンの「なんてったってアイドル」が大ヒットした直後。
美奈子のアーティスト宣言と、岡田有希子の自殺によって、
80年代アイドル全盛期が曲がり角を迎えたと思います。
[9] 名前:名無しさん :2019/06/02 (日) 00:05:00 No.2801
2801.jpg (394KB)
20世紀アイドルスター大全集・80年代編から、2ページ目の左上です。

5thシングルの「1986年のマリリン」がオリコン3位(8で書いた4thは間違いでした。)
となり、トップアイドルの仲間入りをした美奈子は、6thの「Sosotte」もオリコン3位、
7th「HELP」はオリコン2位、8th「the Cross -愛の十字架-」はオリコン5位と推移しました。
87年は、9th「Oneway Generation」がオリコン2位、11th「HEART BREAK」がオリコン3位、
12th「孤独なハリケーン」がオリコン2位、13th「悲しみSWING」がオリコン3位と、
大ヒットを続ける中、10thシングル「CRAZY NIGHTS」だけがオリコン10位と低迷します。
美奈子のシングルでは一番好きな曲で、ドラマ主題歌として大ヒットした「Oneway Generation」
の後、髪をバッサリ切り、自由奔放に歌い踊る美奈子を見て、これは初の1位になるかもと、
期待しました。その結果が10位とは。同じ日(4月22日)にリリースされた松田聖子の復帰作
「Strawberry Time」が1位になるための、ソニー側の陰謀かと勘ぐったりして。
後になって原因が、12インチシングルだったためだと分かりましたが、
なぜ1位を狙える絶好の機会なのに、12インチシングルにしたのでしょう。
[10] 名前:名無しさん :2019/06/10 (月) 00:58:41 No.2837
2837.jpg (450KB)
20世紀アイドルスター大全集・80年代編から、2ページ目の下です。

9で書いたように、13thシングルまで順調に大ヒットを飛ばし続けた美奈子ですが、
88年に入ると、ガールズ・ロックバンド「MINAKO with WILD CATS」を結成します。
7月のデビューシングル「あなたと、熱帯」を皮切りに、3枚のシングル、
2枚のアルバムをリリースしますが、いずれも87年までのソロ時代のセールスには
遠く及びませんでした。 同じ88年の2月には、菊池桃子もロックバンド「ラ・ムー」を
結成します。アイドルの王道を歩んでいた菊池桃子のロックバンド結成には、違和感がありましたが、
アーティスト宣言していた美奈子のロックバンド結成は、当然の流れに見えました。
しかし、結果は両者ともセールス的に伸び悩み、1年半弱で両者とも解散します。
人気グループにいたアイドルが、ソロデビューしても成功する例は多くありますが、
ソロとして安定した人気を誇っていたアイドルが、グループを結成して成功した例はなく、
美奈子も菊池桃子も、例外には成りえませんでした。
[11] 名前:名無しさん :2019/06/20 (木) 00:00:15 No.2882
2882.jpg (246KB)
スーパー写真塾の85年8月号から、素人が撮った写真です。
美奈子の方も素人に見えるような、素朴な表情です。

「MINAKO with WILD CATS」解散後は、ソロに戻り、89年「7th Bird "愛に恋"」、
90年「SHANGRI-LA」の2曲のシングルをリリースしますが、いずれもヒットせず。
この頃が一番苦しかったと、後に述懐しています。
「SHANGRI-LA」は大好きな曲で、「MINAKO with WILD CATS」結成前にリリースしていたら、
ヒットしていたと思います。激しくジャンプして踊りながら歌う姿からは、余裕が感じられ、
大ヒットを連発していた頃より、歌唱力は格段の進歩を遂げていました。
(87年の「孤独なハリケーン」は、ストロングボイスを強調しすぎて、
 やや無理をしている感じがありました。)
[12] 名前:名無しさん :2019/06/28 (金) 22:08:36 No.2925
2925.jpg (335KB)
スーパー写真塾の85年8月号から、素人が撮った写真(その2)です。

歌手としての仕事に行き詰まっていた美奈子は、ミュージカル「ミス・サイゴン」が
全編歌で構成されたミュージカルである事を知ると、90年のオーディションに参加し、
1万数千名の応募者の中から、見事に合格。何と1年半のロングランを努めます。
その間、他に全ての仕事をキャンセルし、喉に負担がかからないよう、
日常会話を筆談で行うという徹底ぶりでした。
[13] 名前:名無しさん :2019/07/10 (水) 19:19:29 No.2976
2976.jpg (488KB)
BOMBの85年3月号の、1ページ目です。
「この間、そういう質問(イヤラシイ質問)にズバズバ答えて事務所に怒られたから、
 今回はノーコメント。」自称「明るくてドジな女の子」美奈子の性格は、サバサバしています。
同時期に堀越に転校してきたクラスメートのナンノが、仕事が無くて困っている時、
自分のテレビ局の挨拶回りに、付いてくるようにナンノを誘い、
助かったと後にナンノが言っていました。
[14] 名前:名無しさん :2019/07/10 (水) 19:21:12 No.2977
2977.jpg (361KB)
BOMBの85年3月号の、2ページ目です。

(13の続き)
「和田アキ子さんのようなパンチがきいて歌唱力のある歌手になりたい。」
デビュー前から、目標がアイドルではない事を断言しています。
[15] 名前:名無しさん :2019/07/25 (木) 23:01:43 No.3048
3048.jpg (492KB)
DUNKの85年8月号から、2ndシングル「好きと言いなさい」の広告です。
当初はデビュー曲としてリリースされる予定だった曲のためか、何パターンも広告があります。

ミュージカル「ミス・サイゴン」の大成功を受けて、90年代はミュージカル女優として
大活躍した美奈子。2000年代に入ると、クラシックの楽曲を歌うようにもなり、
ザ・ベストテンの特番で、アカペラで声量ゆたかな歌声を聴かせ、他の出演者を驚かせました。
[16] 名前:名無しさん :2019/08/11 (日) 23:45:34 No.3116
3116.jpg (493KB)
こちらはGOROの85年6月12日号に載っていた、2ndシングル「好きと言いなさい」の
広告です。雑誌の読者層によって、広告を使い分けていたのかも知れません。

ミュージカル女優として、クラシックを歌う歌手として、
トップスターの座まで上り詰めていた美奈子。
そんな彼女がデビュー20周年を迎え、仕事がびっしり埋まっていた2005年初め、
病魔に侵されます。病名は白血病。当時、既に白血病は100%死に至る病気ではなく、
かなりの確率で治癒する病気でした。俳優の渡辺謙、グラドルの吉井怜も完治しています。
美奈子も、同年夏には一時退院する記事をスポーツ新聞で読んでいたので、
治ると世間一般も思っていた事でしょう。ところが....
[17] 名前:名無しさん :2019/08/28 (水) 23:49:12 No.3203
3203.jpg (490KB)
アクションカメラの85年9月号の裏表紙に載っていた、
2ndシングル「好きと言いなさい」の広告です。
こちらは、DUNKに載っていたバージョンに、似ている感じです。

白血病が悪化して再入院した美奈子は、2005年11月6日、帰らぬ人となってしまいました。
美奈子の闘病生活は、すぐに2時間のドキュメンタリーがゴールデンタイムで放送され、
翌年も1時間半のドキュメンタリーが放送されているので、見た方も多いでしょう。
80年代アイドルの中では、最も歌が上手く、向上心も最高だっただけに、残念です。
親友の南野陽子が、「こんなに歌の上手い美奈子が帰らぬ人となり、歌が下手が自分が
生きているなんて、神様は不公平だ。」と言いながら、涙を流している姿が、印象的でした。

これで、しゃんばらの最後のスレ(何度も落ちた)に貼った画像は終わりです。
次回からは、新規画像を貼っていく予定です。
[18] 名前:名無しさん :2019/09/13 (金) 23:19:25 No.3272
3272.jpg (485KB)
2004年12月20日発行の「ザ・ベストテン2004」のムック本に、
「ザ・ベストテン」に出演した当時の事を語ったインタビューが載っています。
インタビュー自体は2ページ目になります。
このムック本が発行された1ヶ月後には、白血病で入院したので、
貴重なインタビューになりました。
[19] 名前:名無しさん :2019/09/30 (月) 01:19:12 No.3353
3353.jpg (494KB)
「ザ・ベストテン2004」の、インタビュー・ページです。
ザ・ベストテンにランク・インした頃から、自分で衣装デザインをし、
アーティスト宣言をします。アーティスト宣言に真意は、ここで語られている通りです。
「歌の実力で人を感動させたい」という思いと、ザ・ベストテンで1位を取れなかった悔しさから、
今まで歌い続けてこられた。と語っています。
「その分、これからの人生で一等賞を取りたいなって思います。」
白血病で入院する直前のインタビューなのが、心を打ちます。
闘病生活も、この目標に向かって闘っていたのでしょう。
[20] 名前:名無しさん :2019/10/14 (月) 00:30:05 No.3432
3432.jpg (490KB)
平凡パンチの85年4月1日号からのカットです。
白黒とはいえ、BOMBやDUNKのようなアイドル誌より、
男性誌の平凡パンチの方が、早く美奈子を載せているとは、ちょっと意外です。
歌手活動だけではなく、グラビア活動も多かった初期の美奈子らしい感じもしますが。
[21] 名前:名無しさん :2019/11/07 (木) 00:50:40 No.3521
3521.jpg (344KB)
ベッピンの85年4月号から、アイドル水泳大会の時のカットです。
「ほっそりしているのは伊代ちゃんに似ているが、一箇所決定的違いがある。
 胸が大きいんですよ。ウヒョ!」
美奈子の胸は、普通の大きさですが、身体が細いので、相対的に大きく見えるのでしょう。
ボンド企画は、岡田奈々・大場久美子・松本伊代・本田美奈子と、身体が細いアイドルを
たくさん育てました。ペチャパイは、岡田奈々と松本伊代で、大場久美子と本田美奈子は、
身体が細いわりには、胸が大きかった印象です。
(少女隊と新田恵利は、興味がないので良く分かりません。ファンの方、ゴメン。)
[22] 名前:名無しさん :2019/11/24 (日) 01:27:42 No.3599
3599.jpg (477KB)
ベッピンの85年4月号から、インタビューです。
松田聖子が結婚・引退(と思われていた)85年、新人はポスト聖子を目標にしている人が
多かったですが、美奈子の目標は和田アキ子。「ラブ・イズ・オーバー」も歌ってみたいという
本格的歌手を目指している事を、デビュー前から宣言しています。
こんな話題の後、バストが大きい話とかに飛んでしまうのが、ペッピンらしいです。
初めの内は、付き合って答えている新人の美奈子ですが、短気だと言っている性格通り、
何でこんな質問ばかりなの?と、マネージャーに訴えるあたり、
後にアーティスト宣言をする美奈子らしいです。
[23] 名前:名無しさん :2019/12/16 (月) 01:56:17 No.3684
3684.jpg (487KB)
デラックスマガジンの85年4月号の、新人紹介ページです。
83年夏に、ボンド企画にからスカウトされた工藤美奈子は、本名のまま84年秋の長崎音楽祭
(新人のみの音楽祭)でグランプリを獲得し、ソロ・デビューへ弾みをつけます。
「好きな言葉が「前進あるのみ」。ターゲットが決まったら一直線。」
85年は、新人賞を目指して一直線。86〜89年は、アーティストと呼ばれたくて一直線。
90年代は、ミュージカル女優目指して一直線。
白血病にも一直線で立ち向かった美奈子は、立派です。
[24] 名前:名無しさん :2020/01/05 (日) 00:48:39 No.3772
3772.jpg (492KB)
DUNKの85年5月号の、1ページ目です。
寅さんの故郷で有名な柴又生まれの美奈子は、寅さんと同様、目立ちたがり精神が旺盛でした。
校舎の片隅で、ミニコンサートを開いていたとは。
仲良しがいれば、第二のピンク・レディーになっていたかもです。
(ピンク・レディーの場合は、レコード店の前で歌っていました。)
同時期に堀越学園に転校した、同い年の南野陽子・石野陽子と仲良くなりました。

[25] 名前:名無しさん :2020/01/17 (金) 19:57:06 No.3822
3822.jpg (322KB)
豊かな胸の谷間をアピールする美奈子。
バストが目立たなくなるチューブトップのブラでこの谷間!!
当時は、中森明菜の青ビキニポスターが一番のお気に入りでしたが、
この写真集を見て、中森明菜から美奈子に乗り換え思い出の写真です。
アイドルの女王交代劇、個人的にまさに「その時、歴史が動いた」瞬間です。

改めて、お気に入りの2枚を並べてみると、
美奈子が、「バストだって負けないんだから・・・」と
必死に寄せあげている感じがそそります。

>>21
同じスレンダーでも、バストにおいては、松本伊代さんとは格が違いますね。

[26] 名前:名無しさん :2020/01/17 (金) 21:22:13 No.3823
3823.jpg (146KB)
>>22
スレンダーなのにバストは豊か、露出も大胆な美奈子ですが、自分のプロポーションには案外、謙虚なんですよね。
水泳大会で「Ⅾカップくらいあるんじゃない?」と聞かれた時も、「そんなにありません」ときっぱり答えていました。
Ⅽカップくらいでしょうか?

中森明菜の掲示板でも書きましたが、明菜が「1986年のマリリン」歌った時は、胸元が大きく切れ込んだ衣装でバストの谷間を見せつけ。光GENJIの諸星はさかりがついたように興奮していたし、田原俊彦なんか、「オッパイでかい明菜が、激しく踊っちゃダメだって」とセクハラ発言。

美奈子は悔しい思いをしたんじゃないでしょうか。直後のステージでは、いつにもまして、キレキレの踊り、そして、ゲスト席に向かってお尻を突き出すような女豹ポーズ。豊満すぎる巨尻の明菜に、ピチピチのお尻で勝負を挑んだ感じでした。
モンローウォークしたら、デカ尻の明菜は食い込んじゃうと思いますが、ピチピチの美奈子は颯爽としていそう。
セクシーな明菜もいいけど、やっぱり、美奈子が最高です。



[27] 名前:名無しさん :2020/01/17 (金) 21:28:42 No.3824
3824.jpg (111KB)
すいません。
文字化けが。正しくは↓

スレンダーなのにバストは豊か、露出も大胆な美奈子ですが、自分のプロポーションには案外、謙虚なんですよね。
水泳大会で「Dカップくらいあるんじゃない?」と聞かれた時も、「そんなにありません」ときっぱり答えていました。
Cカップくらいでしょうか?

アンダー65のDカップの中森明菜と比べても、Cカップはありそうです。
[28] 名前:名無しさん :2020/01/19 (日) 04:24:26 No.3830
3830.jpg (484KB)
>>25〜27
美奈子と明菜の比較画像、及び美奈子のバストを強調した画像アップ、ありがとうございます。
美奈子のバストを強調した画像は、あまり持っていないので、ありがたく頂きます。
美奈子と明菜は、デビュー当時、実年齢より幼い表情だった事、それが2〜3年後には、
大人びた表情に変わって行った事、デビュー当時は、幼い表情なのにプロポーション抜群の身体と、
ビジュアルでの共通点が多いですね。もちろん本業の歌手としても、アイドルよりアーティストを
目指していた事、歌唱力抜群な事も、共通しています。
美奈子は、バストもヒップも明菜よりは一回り小さいですが、身体全体が細いので、
相対的に大きく見えるのでしょう。70年代の昔から、バストが大きい歌手は、声量が大きく、
歌唱力抜群という定説がありました。小柳ルミ子・アグネスチャン・河合奈保子と継承され、
明菜や美奈子にも引き継がれたと思います。伊代ちゃんのバストを見れば、声量なさそうですね。

画像は、BOMBの85年10月号の巻頭大特集から、3ページ目です。
バストの日焼けしていない部分を見せて、バストをより大きく見せるという、
グラビアアイドルのような高等技術を見せているカットです。
[29] 名前:名無しさん :2020/01/25 (土) 07:55:55 No.3860
3860.jpg (383KB)
美奈子VS明菜、熱いですね!
美奈子がこんなに立派なオッパイを持っていたとは。
美奈子はBカップくらいだと見立てて、あまり注目してませんでしたが、意外な豊乳の魅力に気づかせていただき、ありがとうございます。
オッパイ星人&明菜ファンの私も、美奈子に浮気しそうです。
今更ながら、美奈子に興味がわき、手持ちの古い雑誌や、ネットで調べたところ・・・・
以下のようなことを知りました。

@声量が大きくて歌唱力抜群
youtubeで見ても、美奈子のステージはパワフルで歌唱力も素晴らしいです。
bQ8さんのご指摘でなるほどと思ったのですが、確かにバストが大きい、小柳ルミ子、河合奈保子、中森明菜、そして本田美奈子は、みな声量がありますね。ほかにも、バストが豊かな斉藤由貴や西田ひかるも声量があり、逆に、ペチャパイの松田聖子や松本伊代、早見優は声量が小さいので、この定説は実証されたと思います。
中でも、美奈子のパンチ力は群を抜いていますね。

A生意気でわがまま?
ダンクのインタビューで「自分のために地球は回っている」、ザベストテンでは、「アイドルではなくてアーティストと呼ばれたい」なんて発言も。これに対して松任谷由美は、「本田美奈子ごときがアーティストなら、私は神様」と毒をはいています。
当時としては、わがままとか生意気なんて批判もあったみたい。個人的には、はっきりとモノを言うタイプ好きですが・・・。

B美奈子VS明菜
bQ8さんのご指摘のように、「幼い表情と抜群のプロモージョンのアンバランスさ」、そして、大人びた仕草やツッパリイメージもダブります。
そしてステージ衣装も。
十字架は「十戒」で明菜のイメージだったんですが、美奈子も多用。
明菜にとっても面白くなかったんじゃないでしょうか。週刊誌ネタながら、「明菜が美奈子つぶし発言」なんて記事もありました。
bQ6さんの「1986年のマリリン」の競演はみつけられませんでしたが、
個人的には、明菜と美奈子のマリリン、どっちが見たいかと言われたら、やっぱり明菜ですね。
美奈子も素敵ですが、私の中ではやっぱり明菜が最高です。
[30] 名前:名無しさん :2020/01/28 (火) 02:58:21 No.3870
3870.jpg (491KB)
>>29
美奈子VS明菜の対決文章と画像アップ、ありがとうございます。

@について、豊乳で歌唱力抜群は、他に岩崎良美・岡田有希子もいました。
榊原郁恵や柏原よしえも上手い方だと思います。
貧乳なのに歌唱力抜群なのは、伊藤咲子・岩崎宏美・松田聖子・荻野目洋子・工藤静香ぐらいで、
他は、あまり上手いとは言えないですね。比較的豊乳なのに音痴なのは、
大場久美子と斉藤由貴だけでしょう。何事にも例外はあるようで。

Aについては、私もはっきりとモノを言うタイプが好きです。ユーミンのその発言は、
初めて知りました。ソングライターとしては神様かも知れないけど、歌手としては?です。

Bについて、美奈子のデビュー直前に、顔が似ている工藤夕貴(デビュー時13歳)がいたので、
本名の工藤美奈子ではなく、本田美奈子にしたのですが、それでも顔だけでは間違われるほど、
幼く見えたそうです。ステージ衣装で、立派なオッパイを強調したカットがあったので、貼ります。

DUNKの86年2月号の、3ページ目です。
バストにヒラヒラした立体模様を付けて、超ボインに見せています。
実際には、ここまで大きくはないでしょうが、衣装の上から溢れているオッパイは、本物です。
明菜も対抗したかったでしょうが、人の真似をしないポリシーがあるので、同じタイプの衣装は
着ていないと思います。人真似に抵抗のないキョンキョンは、似た衣装を着ていました。
[31] 名前:名無しさん :2020/02/02 (日) 15:21:08 No.3897
3897.jpg (14KB)
>>30
超ボインに見えますね!
家宝にいたします。ありがとうございます!!
このビラビラオッパイ強調衣装で、ライブもやってたみたいですね。
ずり落ちそうだし、ハラハラ・ドキドキものですね。

確かに、この画像のみならず、美奈子は相当に寄せあげ・谷間アピールが激しいですね。
美奈子は、下乳が先細ってる写真が多いです。
やはり、キョンキョンや明菜の方が、バストの豊かさでは一段階上のクラスなのでしょう。
[32] 名前:名無しさん :2020/02/05 (水) 04:43:47 No.3910
3910.jpg (485KB)
>>31
ヴァージンコンサートのCDジャケ写真、ありがとうございます。
オッパイの大きいアイドルは、大きなオッパイを恥かしがるのが普通でしたが、
美奈子は、自慢するかのように強調していますね。

80年代トップアイドルの、オッパイの大きさベスト10(私見です)は、以下の通りです。
1位:河合奈保子(誰が見ても、そう思うでしょう)
2位:小泉今日子(オッパイの大きさ以上に、突き出方が凄い)
3位:中森明菜(形のセクシー度では、トップでしょう)
4位:岡田有希子(デビュー時です。後半は痩せて縮んだ感じ)
5位:柏原よしえ(河合奈保子と一緒の時が多いので、大きいと勘違いしますが、実力はこのくらい)
6位:斉藤由貴(柏原よしえと同じで、オッパイ自体よりも、バストサイズが大きい)
7位:岩崎良美(水着写真が無いので分かりにくいですが、ダークホースです)
8位:本田美奈子(実力より大きく見せる技術に長けている)
9位:三田寛子、10位:中山ミ美穂(この二人が、標準クラスでしょう)
なお、工藤静香以外のおニャン子くらぶは、よく知らないので、除外しています。

画像は、DUNKの86年2月号の、2ページ目です。30・31と同じ衣装ですが、
横より少し後ろ側から写しているので、斜め上に突き出ているように見えます。
[33] 名前:名無しさん :2020/02/09 (日) 12:09:26 No.3925
3925.jpg (57KB)
>>32
オッパイの大きさランキング、参考になります!
なにかの雑誌のオッパイ番付では、榊原いくえや、柏原よしえ、斉藤由貴といったぽっちゃりタイプばかりが上位にきて、不公平にかんじていました。
bR2さんのように、純粋な乳房の大きさで評価して欲しいです。

また、オッパイ星人的には、
大きさに加えて、色や形、場合によっては乳輪や乳首とのバランスも気になるところです。
総合的な観点からいえば、
小泉今日子、もちろん中森明菜、柏原芳恵、斉藤由貴、本田美奈子のオッパイが好きです。

本田美奈子、ライブ動画などでは、以外と胸の谷間がたいしたことありません。
きっと、激しい動きで、寄せて・あげて の効果が薄れてきたものと思います。
でも、テクは大事。本田美奈子、大好きです。

[34] 名前:名無しさん :2020/02/12 (水) 04:26:08 No.3944
3944.jpg (495KB)
>>33
美奈子のステージ画像と文章、ありがとうございます。
オッパイの形では、河合奈保子は巨乳型(とにかくデカくて重い)、
小泉今日子と岡田有希子は半球型(張りがあって固い)、
中森明菜と本田美奈子は釣鐘型(柔らかいので垂れ型でもある)、
柏原よしえと斉藤由貴は台形形(面積は広いけれども、厚みが不足している)、という感じです。
蛇足ですが、榊原郁恵のデビュー時は、河合奈保子など問題にならないほどの超ボインでした。
オッパイが縮んでからの画像が出回っているから、柏原よしえクラスと勘違いするのでしょう。

画像は、DUNKの85年11月号の、巻頭大特集の9ページ目です。
肩紐がないワンピースでオッパイを圧迫し、上から溢れ出させる事により、
オッパイをより大きく見せるという、グラビアアイドルのような高等テクを見せているカットです。
[35] 名前:名無しさん :2020/03/08 (日) 03:38:01 No.4045
4045.jpg (489KB)
DUNKの85年5月号の、2ページ目です。(24の続き)
満面の笑みを浮かべている、美奈子の表情が可愛いです。
[36] 名前:名無しさん :2020/03/30 (月) 02:14:31 No.4145
4145.jpg (485KB)
DUNKの85年7月号の、1ページ目です。
DUNK第一図鑑として、アイドル・タイプ別女の子攻略法が載っています。
美奈子は、「のびのびシティギャル攻略法」として、4ページに渡って載っています。
他には、「しっかり世話女房タイプ」として橋本美加子が、
「家庭的おっとりタイプ」として松本典子が、
「ネアカ活発もりもり娘」として井森美幸が載っています。
[37] 名前:名無しさん :2020/04/16 (木) 02:26:47 No.4246
4246.jpg (459KB)
DUNKの85年7月号の、2ページ目です。
すでに決まっていたデビュー曲「好きと言いなさい」を、「殺意のバカンス」に変えるよう懇願し、
実現させほど、自己主張の強い美奈子は、自分からリードしていくシティギャルにピッタリです。
[38] 名前:名無しさん :2020/05/05 (火) 04:57:29 No.4360
4360.jpg (319KB)
ベッピンの85年5月号から、記事です。
工藤夕貴と顔が似ている事を、書いている記事です。本名の工藤美奈子から、
本田美奈子に改名してデビューしたのは、顔が似ている事が一因でしょう。
17歳の美奈子の方が、13歳の工藤夕貴より、顔が美少女で、声もいいんので、
筆者の勘が当たり、年末に数々の新人賞を取りました。
工藤夕貴は、この失敗を反省してか、歌手を辞めて女優業に専念し、
ハリウッド女優にまで、上り詰めます。
[39] 名前:名無しさん :2020/05/25 (月) 01:42:43 No.4476
4476.jpg (495KB)
DUNKの85年7月号の、3ページ目です。
後にアーティスト宣言する美奈子が、アイドルというより、モデルっぽい紙面を作っていたとは、
意外です。この時点では、橋本美加子・松本典子・井森美幸と、同様の扱いでした。
  竹島は日本の領土です。同意ならチェックを入れてください
投稿前に必ずここを読んで下さい
お名前
E-Mail
コメント
添付File
 
動画 コメントスペースにURLをコピペするだけです(YouTube,ニコ動に対応)