酒井法子

[1] 名前:名無しさん :2019/04/12 (金) 20:00:23 No.2515
2515.jpg (371KB)
2000年4月25日発売の、20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、
1ページ目の右上です。プロフィール付きです。
可愛いアイドルの代表のような顔、元気で明るいキャラクター、メジャーコードでポップな曲等、
70〜80年代の正統派アイドルの本流の最後を飾るスーパーアイドルでした。
[2] 名前:名無しさん :2019/04/14 (日) 02:39:03 No.2522
これがのりピー?
全然おもかげないなあ
[3] 名前:名無しさん :2019/04/19 (金) 20:06:57 No.2557
2557.jpg (102KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、1ページ目の左中央です。
野球かソフトボールをしている姿でしょう。
中学の時にはソフトボール部に所属し、3年の時には、福岡の県大会で準優勝した経験があります。
ポジションはライト。
中学の時にソフトボールでセカンドを守っていたキョンキョンと、どっちが上手いでしょうか。
ちなみに夜ヒットの最終回(後夜祭)では、のりピーとキョンキョンは席が隣同士だったので、
楽しそうに話しながら、放送されるVTRを見ていました。
デビューも年齢も5つ上のキョンキョンと、フランクに話し合えるのは、
トップアイドルとしてのキャラクターが似ているからかも知れません。
[4] 名前:名無しさん :2019/04/25 (木) 01:00:06 No.2588
2588.jpg (114KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、1ページ目の左上です。

85年10月のミスヘアコロン・イメージガールコンテストに出場。
グランプリは、同じ事務所の先輩に当たる水谷麻里でしたが、
急遽用意した「BOMB賞」が与えられます。
2006年頃、TOKIOの番組に出演した時、「BOMB賞」の景品を見せられ、
それが何の景品だったか答えられなかった事からも、急遽用意した賞である事が、分かります。
[5] 名前:名無しさん :2019/04/29 (月) 22:31:31 No.2618
2618.jpg (197KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、1ページ目の左下です。

本命のグランプリより、準優勝みたいな方が売れる場合って、結構あります。
82年の角川映画大型新人募集では、優勝が渡辺典子で、準優勝が原田知世でした。
84年の第1回東宝シンデレラオーディションでは、優勝が沢口康靖子で、斉藤由貴は最終選考まで。
探せば他にも色々あるでしょう。
[6] 名前:名無しさん :2019/05/05 (日) 23:08:50 No.2655
2655.jpg (55KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、1ページ目の右中央です。

グランプリの水谷麻里がレコードデビューして活躍している間、
酒井法子はドラマにレギュラー出演し、モモコクラブの会員にもなります。
そして所属レコード会社ビクターの親会社の宣伝を兼ねて、レコードデビュー前に、
VHDソフト「YUPPIE」を発売。単なるイメージビデオではなく、
SFホラーのストーリー仕立てという画期的な内容でした。
レコードデビュー前に、これだけ様々なプロモーション展開をしたアイドルは、
酒井法子が最初で最後ではないかと思います。
[7] 名前:名無しさん :2019/05/12 (日) 01:19:15 No.2691
2691.jpg (59KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、1ページ目の右下です。
これは、88年7月、富士山の8合目に、「日本一標高の高いタレントショップ」として
「のりピーちゃんハウス」を開店し、PRするため、自ら登った時の記念写真かな?
[8] 名前:名無しさん :2019/05/18 (土) 22:16:12 No.2731
2731.jpg (233KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、1ページ目の下中央です。
デビュー前のニックネームは「のりっぺ」でしたが、田舎臭い響きがあるためか、
事務所が「のりピー」と付けました。でも、のりピー語の中身自体は、
酒井法子が地元の中学にいた頃から、周りで流行っていたそうです。
[9] 名前:名無しさん :2019/05/26 (日) 22:57:40 No.2771
2771.jpg (491KB)
投稿写真の88年9月号から、素人が撮った写真の1ページ目です。
「のりピー音頭」を、テレビで最初に見た時は、思わず仰け反りそうになりました。
「同期でデビューしたアイドル達が、みんな大人ぽい歌に変わって行く中で、
 私だけ「のりピー音頭」か?」
と、疑問に思いながら歌っていたそうです。
[10] 名前:名無しさん :2019/06/03 (月) 23:52:35 No.2807
2807.jpg (130KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、2ページ目の左上です。

85年12月に福岡から上京し、社長宅に入ったのりピー。
岡田有希子が86年4月4日に社長宅からマンションへ引っ越すまで、一緒に暮らしていました。
マンションへ引っ越す際、会社の屋台骨を背負う存在なのだから頑張るように
社長に言われた岡田有希子は、1年後にデビューするのりピーを指差し、
私の代わりなら、ちゃんといるじゃないと言って、4日後にこの世を去ります。
トップアイドルとして大活躍していた岡田有希子だからこそ、
のりピーもトップアイドルになる事を確信していたのでしょう。
[11] 名前:名無しさん :2019/06/14 (金) 23:52:13 No.2863
2863.jpg (134KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、2ページ目の右の上から2番目です。
ソフトボールは得意でも、テニスは苦手なのか、ポーズが決まっていません。

レコードデビュー前に、様々なプロモーション展開をし、万全の体制でデビューしたのりピー。
87年2月にデビュー曲「男のコになりたい」でいきなりベストテン入りすると、
90年11月リリースの「イヴの卵」まで、4年間に渡り、16曲連続でベストテンに入ります。
その間、1曲も1位になった曲が無いのに、デビューから16曲連続ベストテン入りは、
オリコン史上初めての快挙でした。如何にのりピーが安定した人気を続けていたか、分かります。
(デビュー曲からで無ければ、柏原芳恵の18曲連続ベストテン入りが、1位無しでは最高。)
[12] 名前:名無しさん :2019/06/25 (火) 00:02:33 No.2906
2906.jpg (474KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、2ページ目の左上です。
このカットでは、サンミュージックの本流って感じのバストですね。
松田聖子・早見優よりは大きく、桜田淳子と同じぐらいかな?
最近入手したBOMBの特集号には、B78cmと書いてあって、
「胸だって、そんなに大きくならなくたっていーんだ。」と言っていました。
[13] 名前:名無しさん :2019/07/06 (土) 01:40:47 No.2954
2954.jpg (220KB)
投稿写真の88年9月号から、素人が撮った写真の、2ページ目(その1)です。

のりピーの曲では、87年11月25日リリースの4thシングル「夢冒険」から好きになりました。
アイドルファンだけではなく、一般の人にも愛される名曲で、
翌年春の選抜高校野球の入場行進曲にもなりました。
80年代に最もヒットしたのりピーの曲は、88年5月18日リリースの6thシングル
「1億のスマイル」ですが、その前の同年2月24日リリースの5thシングル「GUANBARE」が、
その基礎を築いたと思います。「GUANBARE」は、80年代にはアイドル以外でも珍しい、
自分への応援ソングであり、のりピーの曲の中では一番好きです。
「1億のスマイル」は、その結果をハッピーエンドで描いています。
[14] 名前:名無しさん :2019/07/22 (月) 00:29:13 No.3030
3030.jpg (262KB)
投稿写真の88年9月号から、素人が撮った写真の、2ページ目(その2)です。

自分への応援ソングと言えば、88年1月27日にリリースされた、
浅香唯の9thシングル「Believe Again」もそうでした。
その次のシングルが、浅香唯の代表曲となった「C-Girl」(88年4月20日リリース)。
自分への応援ソングをリリースした時期、80年代の代表曲をリリースした時期とも、
のりピーと共通していました。91年に、「愛は勝つ」「どんなときも」「それが大事」と、
自分への応援ソングが、いずれもミリオンセラーの大ヒットになりますが、
その先駆けとなる曲を、のりピーや浅香唯という正統派アイドルの本流が歌っていた事実。
上手く活かせば、もっと売れていたかも知れませんが、3ヶ月ローテでは難しかったのでしょう。
[15] 名前:名無しさん :2019/08/05 (月) 00:27:56 No.3092
3092.jpg (247KB)
投稿写真の88年9月号から、素人が撮った写真の、2ページ目(その3)です。

91年からベストテン入りするヒットが出なくなり、
トップアイドルからの転身を余儀なくされたのりピー。
93年には、月9の中でも傑作と言われる「ひとつ屋根の下」の大役のオファーを受けますが、
のりピーのキャラクターとは違い、実際の酒井法子は、繊細で心配性の性格だったので、
このオファーに尻込みしてしまいます。しかしマネージャーから、「台本だけでも読んでみたら」
と言われ、ドラマの素晴らしさに感激の涙を流した法子。一大決心をしてこの役に取り組みました。
[16] 名前:名無しさん :2019/08/21 (水) 23:27:46 No.3166
3166.jpg (197KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、2ページ目の左下です。

「ひとつ屋根の下」は、フジテレビ史上最高視聴率をマークする大ヒットとなり、
酒井法子も、アイドル歌手から女優への道を切り開く事に成功しました。
そして95年、初の連ドラ主演作「星の金貨」も、続編が出来るほどの大ヒットとなり、
女優として確固たる地位を築きました。「星の金貨」では、主題歌「蒼いうさぎ」も歌い、
ミリオンセラーとなる大ヒットを記録します。80年代アイドルで、ミリオンセラーを記録したのは、
松田聖子・近藤真彦・小泉今日子・中山美穂、そして酒井法子の5人しかいません。
「蒼いうさぎ」で、デビュー9年目にして紅白歌合戦に初出場。
デビューして3〜4年経っても紅白に出場出来るような大ヒットを出せなければ、
その後の紅白出場は無いのが常識のアイドル界で、その常識を覆す快挙となりました。
[17] 名前:名無しさん :2019/09/08 (日) 00:50:00 No.3247
3247.jpg (137KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、2ページ目の右の下から2番目です。

西城秀樹が80年代前半から、アジア進出したのが引き金になって、
日本の80年代トップアイドル達が、香港・台湾を中心に、アジアでも人気を得て行きます。
その中で最も活躍したのが、酒井法子です。90年から、台湾を中心に、
香港・中国に積極的に進出し、台湾では日本での人気を上回る人気を得たそうです。
自らの持ち歌を中国語でカバーし、台湾では、連続ドラマの主演もこなしていました。
中山美穂主演の95年の映画「LOVE LETTER」が、韓国で大ヒットする等、
日本では、アイドル冬の時代の90年代に、アジアでは日本のアイドルが大活躍していました。
[18] 名前:名無しさん :2019/09/26 (木) 00:10:03 No.3333
3333.jpg (133KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、2ページ目の右下です。

人気女優に転身し、アジアでも絶大な人気を獲得した酒井法子ですが、
2009年、夫(当時)と共に、覚せい剤取締法違反で逮捕されます。
CSで見ていた「星の金貨」の再放送も、途中で打ち切られました。
2012年に芸能界に復帰しますが、アジアでは活躍出来ても、日本では細々としか見かけません。
田舎の町の夏祭りに、無名の演歌歌手達と一緒に出演しているポスターを見て、悲哀を感じました。
研ナオコが、大麻を押収された1977年は、起訴猶予処分だったため、半年で復帰し、
何事もなかったかのように、活躍を続けたのに比べると、雲泥の差です。
覚せい剤と大麻の差か、時代の差か、事務所の損害額の差か? 多分いずれも当てはまるのでしょう。
最近「星の金貨」「続・星の金貨」を見直しましたが、酒井法子の健気で純真そうに見える表情と、
この事件とのギャップが大きかったと思います。興味本位での報道が過熱し、
放送倫理・番組向上機構が警告を行ったほど騒がれたので、復帰後の展開が難しいのでしょう。
[19] 名前:名無しさん :2019/10/13 (日) 01:02:16 No.3420
3420.jpg (112KB)
しゃんばらの最後のスレ(何度も落ちた)に貼った画像は、すべて貼ったので、
ここからは、新規画像を貼って行きます。

これは、DUNKの87年1月号から、プレゼントコーナーです。
レコードデビュー前から、プレゼントコーナーに載るのは、
6で書いたように、様々なプロモーション展開をしていたからでしょう。
[20] 名前:名無しさん :2019/11/03 (日) 23:55:23 No.3508
3508.jpg (496KB)
DUNKの86年12月号です。
レコードデビュー前から、のりピー語を使っている事が分かります。
福岡に住んでいた素人の頃から使っていたそうです。でも、愛称はまだ福岡時代の「のりっぺ」で、
のりピーに変わるのは、レコードデビュー後です。
このデビュー・ビデオディスク(VHD)の「YUPPIE」は、後のテレビ番組で紹介されていました。
エイリアンを倒した後、「エイリアン・ハンターP」と書いてある名刺を、助けた人に渡して
敬礼する姿が、可愛く、微笑ましかったです。寝室を紹介するコーナーでは、事務所の先輩の
聖子からもらった小物を紹介したり、自分の足の指を写したりしていました。
[21] 名前:名無しさん :2019/11/23 (土) 00:27:42 No.3592
3592.jpg (481KB)
GOROの86年12月11日号から、田代まさしとの対談の1ページ目です。
歌手デビュー前に、田代まさしと対談し、しかもリード気味に進めています。
DUNKでは、「のりっぺ」と書いてありましたが、ここでは「いなかっぺみたいでカッコ悪い」
ので、スタッフがのりピーというニックネームを考えた事を話しています。
「所属事務所も生まれも、松田聖子と同じ」と書いてありますが、名前も同じ「法子」
(松田聖子の本名は、蒲池法子)で、地元では「のりっぺ」と言われていたのも同じです。
[22] 名前:名無しさん :2019/12/13 (金) 02:44:43 No.3672
3672.jpg (478KB)
GOROの86年12月11日号から、田代まさしとの対談の2ページ目です。
のりピー語は、酒井法子を売り出すための事務所(サン・ミュージック)の戦略であり、
86年11月に発売されたVHDソフト「YUPPIE」で、初めて紹介されました。
「いちおう「ひ」とか「し」を「ピー」に変えることになってるんです。」
というルールでしたが、ヤッホーがヤッピーになっているので、ルールは柔軟でした。
最初の設定では、酒井法子のニックネームはのりっぺで、酒井法子が自分を書いたイラストを、
のりピーという事になっていましたが、あっという間に酒井法子=のりピーになりました。
[23] 名前:名無しさん :2019/12/31 (火) 01:12:24 No.3752
3752.jpg (490KB)
GOROの86年12月11日号から、田代まさしとの対談の3ページ目です。
「マンモスうれピー」は知っているけど、「マンモスラッチー」は知りませんでした。
映画では昔から3D映画ブームが何度もあったけど、ビデオでは86年に発売された
初めての3D作品群のひとつが「YUPPIE」でした。ビデオディスクは、初めパイオニアが81年に
開発したLD方式に対し、ビクターが83年に開発したVHD方式の方が多数のメーカーに
採用されました。しかし徐々にLD方式のシェアが拡大して行き、86年には逆転。
起死回生を図ったビクターが、3DのVHDディスクを発売しました。「YUPPIE」の他、
「ジョーズ3D」等の当時の3D映画や、「VHDモモコクラブ」もありました。
ジャイアント馬場に、「言ったら踏まれてサバ折りされちゃう」発言を、恐る恐る話す
のりピーは可愛いので許されるけど、田代まさしの発言の方がヤバそうです。
[24] 名前:名無しさん :2020/01/20 (月) 03:16:37 No.3836
3836.jpg (496KB)
BOMBの86年2月号に、B少女倶楽部で取り上げられたを発見しました。その1ページ目です。
ごく普通の少女を取り上げる企画です。85年10月のミスヘアコロン・イメージガールコンテスト
で「BOMB賞」を取り、モモコクラブにも所属が決まった頃です。
酒井法子という文字がなければ、酒井法子だとは分からない表情に、ビックリしました。
この表情を見て、「私の代わりなら、ちゃんといるじゃない」と言った(見抜いた)岡田有希子。
人気アイドルとして活躍しているからこそ、将来は人気アイドルになる事を見抜けるのでしょう。
レコードデビュー前の、レッスンを含めた様々な活動によって、アイドルとしての自覚が芽生え、
表情が磨かれていったと思います。
[25] 名前:名無しさん :2020/02/13 (木) 05:12:57 No.3949
3949.jpg (494KB)
BOMBの86年2月号の、B少女倶楽部の2ページ目です。
生い立ちが簡潔に書いてあります。転校生はイジメられるという話をよく聞きますが、
小学校を3回も転校した法子は、根性があったのでしょう。
中学の時はソフトボール部に入り、その根性で、
県大会準優勝まで行ったチームのレギュラーになりました。
[26] 名前:名無しさん :2020/03/09 (月) 02:41:40 No.4051
4051.jpg (491KB)
BOMBの86年2月号の、B少女倶楽部の3ページ目です。
急遽用意した「BOMB賞」の景品が、オルゴールだった事が分かります。
歌は、音程がはずれちゃうしリズム感も自信がない。と言う法子ですが、
「レッスンして音程をしっかりさせますからね。」と、頑張り屋の一面を見せています。
音程が外れるおニャン子クラブ出身のアイドルが多かったデビュー当時、
レッスンの甲斐があって、音程が外れる事はありませんでした。
このページの顔は、24に載せたカットと比べると、のりピーらしい可愛らしさが少し表れています。
[27] 名前:名無しさん :2020/03/30 (月) 03:25:44 No.4151
4151.jpg (489KB)
BOMBの86年2月号の、B少女倶楽部の4ページ目です。
のりピーと同じく、「23歳くらいで結婚したい。」と言うアイドルが多かった気がします。
当時の結婚適齢期は25歳ぐらいだったので、その前にしたいという事なのか、
それとも23歳までに、アイドルは引退すると思っていたのか。どちらかだと思います。
バレンタインデーが誕生日だからと、しっかりプレゼントを要求する、
ちゃっかりした面を持っているので、人気アイドルに適した性格です。
[28] 名前:名無しさん :2020/04/18 (土) 03:39:50 No.4257
4257.jpg (493KB)
DUNKの87年1月号の、1ページ目です。
アイドルのマイルーム紹介コーナーです。
のりっぺ(レコードデビュー前のこの時点では、まだのりピーと言われていなかった。)は、
サン・ミュージック恒例の社長宅に下宿。高1ののりっぺは、中3の稲垣かおりと8畳間で、
同居していました。箸が転がっても可笑しいと思う年齢の二人の、
デビュー前の楽しい同居生活をレポートしています。
机だけひとつしかないのは、二人とも勉強が苦手で、ゆずり合っちゃった結果です。
「人生どうにかなる」がキャッチフレーズだったのりっぺ。
最近、ようやくテレビにも出演し始めて、「人生どうにかなる」が実現し始めました。
[29] 名前:名無しさん :2020/05/08 (金) 03:09:27 No.4372
4372.jpg (479KB)
DUNKの87年1月号の、2ページ目です。
卒業アルバムは、パソコンで拡大して見ても、判別不能でした。
ゴジラ帽子を被った姿が、2年前と変わりません。
そのひょうきんさを買われて、ビデオディスク(VHD)では、
エイリアン・ハンターPの役を演じていたのでしょう。
[30] 名前:名無しさん :2020/05/26 (火) 01:39:09 No.4482
4482.jpg (496KB)
DUNKの87年2月号の、1ページ目です。
歌手デビュー前にしていた仕事のレポートです。
珍しく暗い顔をしているのは、期末テストの成績が良くなかったからでしょうが、
「楽しい質問、ありがとっ」と答えるあたり、既にアイドルとしてのプロ意識が感じられます。
「このドラマ、内容が暗いから、演技はサラッと自然にやりたいの。」
「ヤンヤン歌うスタジオ」で、暗いドラマがあったとは知りませんでした。
コント風のドラマが多かった印象ですが、最後の方は見ていなかったので、
暗いドラマもあったのでしょう。
  竹島は日本の領土です。同意ならチェックを入れてください
投稿前に必ずここを読んで下さい
お名前
E-Mail
コメント
添付File
 
動画 コメントスペースにURLをコピペするだけです(YouTube,ニコ動に対応)