早見優

[1] 名前:名無しさん :2019/06/08 (土) 00:00:33 No.2820
2820.jpg (109KB)
20世紀アイドルスター大全集・80年代編の、1ページ目の中央です。
着物姿から、84年の映画「零戦燃ゆ」のカットかな?と思いましたが、
DVDパッケージに写っている優は、もっと髪が長かったので、デビュー当時の写真でしょう。
その「零戦燃ゆ」は、バイリンギャルでスタイルもいい優の長所が、全く活かされていません。
でも、どんな時でも前向きに生きる姿勢や、困難を乗り越える強い意思は、
上手く活かされていました。
[17] 名前:名無しさん :2019/07/02 (火) 23:44:49 No.2933
2933.jpg (492KB)
85年10月1日発売の「アイドル40年」(近代映画社)から、水着のページです。
80年代アイドルは、2人で1ページ分です。奈保子とよしえが同じ、聖子と順子が同じ、
石川ひとみと倉田まり子が同じ(70年代ですが)、明菜と寛子が同じ、伊代とちえみが同じ、
麻衣子と森尾由美が同じ、ユッコと神野美伽が同じページと、同期やイメージの似たアイドルが
一緒に載っていますが、何故だか、優と同じページには浜田朱里。何か関係があるのでしょうか。
たまたま、ビキニの色が同じ赤ってだけで同じページになったのかも知れません。
[18] 名前:名無しさん :2019/07/02 (火) 23:46:10 No.2934
2934.jpg (262KB)
「アイドル40年」には、20で書いたテニスをしているカットが、3カット載っています。
これは、右に載っているカットです。
本当は運動が苦手(ハワイ育ちなのに、水泳大会で伊代よりも泳ぎが遅かった)なのに、
秀美とデビューが同じ日だったためか、スラリとした長身だったためか、
スポーツ万能と書かれて、困ったそうです。
[19] 名前:名無しさん :2019/07/02 (火) 23:46:55 No.2935
2935.jpg (136KB)
「アイドル40年」の、左上のカットです。
70年代末〜80年代初にかけては、テニスブームだったので、
上手い・下手はともかく、テニスをするアイドルが多かったです。
[20] 名前:名無しさん :2019/07/02 (火) 23:47:58 No.2936
2936.jpg (161KB)
「アイドル40年」の、左下のカットです。
ここでも「スポーツ万能」と書かれています。
本当は運動が苦手な優は、こういう記事も「Why」と言い、
ホワイガールと呼ばれていたかも知れません。
[21] 名前:名無しさん :2019/07/09 (火) 20:55:27 No.2970
2970.jpg (496KB)
2006年5月10日発売のアイドルデビュー伝説(1980〜82年編)から、
近代映画の82年4月号の、早見優初登場のページです。
近代映画の表紙の裏で、当時注目の新人アイドルを紹介するページである表2グラビアには、
早見優も石川秀美も中森明菜も登場出来ませんでした。
それほど82年の新人アイドルは、注目度の高いアイドルのラッシュだった事が、分かります。
[22] 名前:名無しさん :2019/07/09 (火) 20:57:07 No.2971
2971.jpg (244KB)
キャンディージャックの84年9月号から、CMコーナーです。
歌手デビューする前からCMに出ていた優ですが、
歌手デビュー後は、コカ・コーラ(夏色のナンシー)を除けば、
コミカルなCMが多くなった印象です。
[23] 名前:名無しさん :2019/07/09 (火) 20:59:00 No.2972
2972.jpg (498KB)
ウキウキの85年8月号から、あるラジオ番組に出演した時の、DJのコメントです。
愛犬の名前に「グレムリン」と付けるあたり、洒落っ気のある優らしいです。
[24] 名前:名無しさん :2019/07/09 (火) 21:00:43 No.2973
2973.jpg (65KB)
DUNKの85年2月号から、アイドル30人・好き嫌いタイプ総チェックのコーナーです。
ハワイ育ちの優らしい意見です。
ちなみに堀ちえみとは堀越の同級生。ちえみファンから「早見優って、色黒えな〜。」と
陰口を言われていたそうです。ちえみも日焼けした肌でしたが、その上を行くとは。
さすがハワイ育ちです。
[25] 名前:名無しさん :2019/07/09 (火) 21:03:02 No.2974
2974.jpg (268KB)
写真探偵団の85年4月号から、2回目に紅白歌合戦に出場した時の写真です。
当時の紅白歌合戦は、初出場の人の中からトップバッターを選んでいた印象がありますが、
優の場合は、2回目の時にトップバッターを努めています。
[26] 名前:名無しさん :2019/07/16 (火) 23:50:13 No.3007
3007.jpg (188KB)
89年9月20日発行の「女神の肖像」(近代映画社)からの、水着カットです。
プロフィールには、「邦画のみならず香港映画にも出演。ハワイ育ちの得意の英語を駆使して
 国際的なタレントを目ざしている。」と書いてあります。
[27] 名前:名無しさん :2019/07/16 (火) 23:52:47 No.3008
3008.jpg (491KB)
BOMBの82年6月号の、1ページ目です。

20歳を過ぎた時に事務所から、歌手活動をしても売れない年になったから、
歌は辞めた方がいいと言われ、テレビ・ラジオの英会話番組に進出しながら、
ミュージカルもこなし、国際的なタレントをも目指していた、精力的な時期でした。
アイドルから他の分野へ進出して成功するのは、トップアイドルだった人達にとっても、
ほんの数人です。優も必死だったのでしょう。92年には、イギリス映画の撮影に入ります。
[28] 名前:名無しさん :2019/07/16 (火) 23:55:15 No.3009
3009.jpg (308KB)
BOMBの82年6月号の、2ページ目の上です。

ところがアフリカ・ロケの途中で、母親危篤の知らせが入り、
やむなく映画を降板して日本へ戻るも、母は他界していました。
両親は離婚していたので、一人っ子の優が、
葬儀の場で気丈に挨拶していた姿が、印象的でした。
[29] 名前:名無しさん :2019/07/16 (火) 23:56:56 No.3010
3010.jpg (317KB)
BOMBの82年6月号の、2ページ目の下です。

英語圏の映画に出演する時は、感情を込めて英語のセリフが言うのに苦労する役者も多い中、
優ならアメリカ映画でも活躍出来たかも知れませんが、そのきっかけが失われてしまいました。
[30] 名前:名無しさん :2019/07/17 (水) 00:01:26 No.3011
3011.jpg (490KB)
BOMBの82年6月号の、3ページ目です。

これで、しゃんばらに貼った画像は終わりです。
次回からは、新規画像を貼って行きます。
[31] 名前:名無しさん :2019/07/30 (火) 22:29:23 No.3073
3073.jpg (490KB)
BOMBの82年2月号の、1ページ目です。
3月に日本に来たとの事なので、デビュー(4月21日)直前の82年3月ではなく、
81年の3月である事が、雑誌の号数で分かります。
デビューして忙しくなってから、堀越高校の1年に転校したので、
日本に来てからの1年数ヶ月間は、アメリカンスクールに通っていました。
96年に結婚する夫とは、アメリカンスクールに通っていた頃に、初対面しています。
幼稚園の時にファーストキスをしたと言っていますが、この後載せる近代映画の記事に、
詳しく書いてあります。
[32] 名前:名無しさん :2019/08/16 (金) 23:51:46 No.3140
3140.jpg (394KB)
BOMBの82年2月号の、2ページ目です。

アメリカンスクールで、男女4人でグループ交際する予定が、優と将来の夫となる彼を残し、
他の二人が気をきかせて?去り、二人だけの交際が始まります。
しかし優は、1年で堀越高校へ転校し、事務所から男女交際は見つからないように言われ、
彼との交際の機会がなくなりました。
[33] 名前:名無しさん :2019/09/02 (月) 23:35:08 No.3229
3229.jpg (491KB)
BOMBの82年6月号の、4ページ目です。

グァムで、母親代わりに優を育てた祖母は、優が大学へ進学する事を希望していました。
その祖母が亡くなったのが、優17歳の時です。
祖母の希望を叶えるため、忙しいアイドル時代も、堀越学園に通いながら受験に備えた優。
事務所の反対を押し切り、1年間浪人して、上智大学に合格した優は、立派です。
その上智大学で、優と将来の夫となる彼に再会し、デートを重ねる事になります。

[34] 名前:名無しさん :2019/09/19 (木) 00:36:41 No.3300
3300.jpg (495KB)
BOMBの82年8月号の、1ページ目です。

将来の夫となる彼の他にも、ボーイフレンドが何人かいた優。
他の人を自分の家に呼ぶと、母親がその人の前で、彼(将来の夫)の方がいいのに。
と言って、優とボーイフレンドを困らせていたそうです。
優が25歳の時に母が他界した時も、アフリカ・ロケに行っていた優の代わりに、
彼(将来の夫)が、そばにいました。
[35] 名前:名無しさん :2019/10/05 (土) 23:47:10 No.3385
3385.jpg (247KB)
BOMBの82年8月号の、2ページ目の右の2カットです。

先日、「いまでもファンです」という番組に、YU'Sクラブ(優の親衛隊)のメンバーと一緒に
出演していました。最盛期には100人近くいたというYU'Sクラブですが、
おニャン子クラブ等の台頭により、4人にまで減ってしまったとの事。
花の82年組について、「明菜ちゃんやキョンキョンは別格でした。
 でも伊代ちゃんやちえみちゃんには離されたくない、おいて行かないで。」
と話しているYU'Sクラブのメンバーの、当時の本音が聞けました。
(さすがに、優と仲良しの秀美の名前は、挙げていませんでした。)
[36] 名前:名無しさん :2019/10/18 (金) 00:55:47 No.3464
3464.jpg (472KB)
BOMBの82年8月号の、2ページ目の左〜3ページ目です。

母親が他界した後、母親と離婚していた父と会う機会が多くなり、その父も
アメリカンスクールで一緒だった最初の彼を気に入り、父に背中を押され、結婚を決意したそうです。
優の育ったハワイで、父が歌うジャズが流れるファミリー的なムードの96年の結婚式は、
前年にキョンキョンが行ったジミ婚とはまた別の、いい式になったと思います。
81年に出会ってから、紆余曲折の末、15年後に結婚した優。
86年に堀越の補習で知り合うも、歌手を続けるため一度別れた後、15年後に結婚した荻野目洋子。
88年にバックのドラマーと付き合い始め、14年後に結婚した浅香唯。
人気アイドルを長く続けた人は、結婚まで彼と長く付き合うのが、夫婦円満になる秘訣のようです。
[37] 名前:名無しさん :2019/11/13 (水) 23:31:32 No.3551
3551.jpg (494KB)
BOMBの82年9月号には、表紙・裏表紙・ピンナップの他に、
40ページの大特集が載っています。これは、表紙です。
  竹島は日本の領土です。同意ならチェックを入れてください
投稿前に必ずここを読んで下さい
お名前
E-Mail
コメント
添付File
 
動画 コメントスペースにURLをコピペするだけです(YouTube,ニコ動に対応)