早見優

[1] 名前:名無しさん :2019/06/08 (土) 00:00:33 No.2820
2820.jpg (109KB)
20世紀アイドルスター大全集・80年代編の、1ページ目の中央です。
着物姿から、84年の映画「零戦燃ゆ」のカットかな?と思いましたが、
DVDパッケージに写っている優は、もっと髪が長かったので、デビュー当時の写真でしょう。
その「零戦燃ゆ」は、バイリンギャルでスタイルもいい優の長所が、全く活かされていません。
でも、どんな時でも前向きに生きる姿勢や、困難を乗り越える強い意思は、
上手く活かされていました。
[41] 名前:名無しさん :2020/02/01 (土) 01:08:58 No.3890
3890.jpg (492KB)
BOMBの82年9月号の、11ページ目です。
おばあちゃんがグァムに転勤になった事がきっかけで、優と母もグァムに住む事になりました。
母と優は姉妹のような関係で、五カ国語をマスターしているスーパーおばあちゃんが、
母替わりになって、優を教育していたそうです。学校でも家でも英語で話していたので、
日本語を忘れかけていた時、厳しく日本語を教えたのもおばあちゃんでした。
母親になった優が、娘に英語と日本語の両方で接しているのは、
おばあちゃんの教えだと言っていました。
[42] 名前:名無しさん :2020/02/27 (木) 03:06:44 No.4000
4000.jpg (490KB)
BOMBの82年9月号の、1ページ目です。

(41の続き)
そんな大切なおばあちゃんは、優がデビューして3年目、17歳の時に亡くなりました。
五カ国語をマスターしていたスーパーおばあちゃんのためにも、
大学へ進学する事を決めた優。忙しいアイドル生活を送る中、受験勉強に励み、
1年遅れですが、見事上智大学へ進学しました。
[43] 名前:名無しさん :2020/03/19 (木) 01:39:24 No.4100
4100.jpg (490KB)
BOMBの82年9月号の、2ページ目です。
5曲目「夏色のナンシー」が大ヒットし、初めてザ・ベストテンにランクインした優。
黒柳徹子に、「英語がペラペラなんですって。英語で話してみて。」と言われ、
流暢な英語を話した優。ところが、「アイドルのくせに英語を話すなんて、生意気だ。」と言う苦情が、
TBSに殺到したそうです。元祖バイリンギャルは、なかなかお茶の間には受け入れられませんでした。
[44] 名前:名無しさん :2020/04/07 (火) 03:33:26 No.4193
4193.jpg (485KB)
BOMBの82年9月号の、3ページ目です。
久しぶりにハワイへ里帰りした優。
この後、83年には、5枚目のシングル「夏色のナンシー」が大ヒットし、
その年の紅白歌合戦に初出場します。紅白は、ハワイでも放送されているので、
翌年の里帰りでは、紅白を見たハワイの知人たちに、「Congratulations!」と祝ってもらったそうです。
[45] 名前:名無しさん :2020/05/04 (月) 02:37:36 No.4352
4352.jpg (488KB)
BOMBの82年9月号の、12ページ目です。
早見優が、すごく無口で内気な女の子になったのは、転校が多かったからでしょう。
グァムの幼稚園→日本(立川)の小学校(1年の前半のみ)→グァムの小学校
→ハワイの私立小学校(3年)→ハワイの公立小学校(4年〜)と、
小学校だけで3回も転校しています。
[46] 名前:名無しさん :2020/05/22 (金) 01:55:05 No.4458
4458.jpg (483KB)
BOMBの82年9月号の、13ページ目です。
百恵ちゃんや淳子ちゃんは知っているけど、ハワイは日本のテレビ番組が遅れて放送されるので、
聖子ちゃんやトシちゃんは知らなかった。と言っています。
「キカイダー」は、日本では72〜73年放の放送ですが、ウィキで調べると、
ハワイでは74年から送され、大人気を博したそうです。
日本より2年ぐらい遅れて放送されるので、聖子ちゃんやトシちゃんは知らないはずですね。
「早見優って、肌黒ぇな」と、後に堀越のクラスメートに言われるほど、真っ黒に日焼けしたのは、
1日中ビーチサイドで遊んでいたからだそうです。
[47] 名前:名無しさん :2020/06/11 (木) 03:21:12 No.4570
4570.jpg (480KB)
BOMBの82年9月号の、4〜5ページ目です。
両手を大きく広げている姿が、開放的な性格の優にピッタリです。
[48] 名前:名無しさん :2020/07/05 (日) 07:45:38 No.4671
4671.jpg (147KB)
BOMBの82年9月号の、4ページ目の右上の拡大版です。
優の長い脚が映えるカットです。
[49] 名前:名無しさん :2020/11/26 (木) 23:07:50 No.4766
4766.jpg (492KB)
BOMBの82年9月号の、14ページ目です。
日本の中学性に相当する、ハイスクール7〜9年生の頃は、また私立に転校しました。
でもこの時代が、優のとっては最も楽しかったそうです。
なお、ハワイに引っ越ししたのは、母の仕事の関係でしたが、
その仕事は、ツアーコンダクターだったそうです。
[50] 名前:名無しさん :2020/12/11 (金) 23:50:55 No.4875
4875.jpg (492KB)
BOMBの82年9月号の、15ページ目です。
中2の頃、ギターを習い始め、ロックやソウルが大好きになり、
バンドを作ってギターとボーカルを担当するつもりだった優。
ところが、エレキギターの教室にも、フォークギターの教室にも入れず、
仕方なくクラシックギターの教室に入りますが、好きでもない事には熱中出来ず、ギブアップ。
それでもバンドへの夢は消えがたく、アイドルとしてスカウトされても、
ロックやソウルをやりたいと、主張していましたが、叶いませんでした。
ロックっぽい曲が主流になったのは、デビュー3年後ぐらいからです。
[51] 名前:名無しさん :2020/12/30 (水) 02:58:43 No.5014
5014.jpg (491KB)
BOMBの82年9月号の、6ページ目です。
こんなにハワイの各ビーチで遊んでいたとは、羨ましいです。

ハワイでスカウトされた経緯は、16ページ目に書いてあるので省略しますが、
ハワイでの楽しい暮らしを選ぶか、歌手として活躍する道を選ぶか、相当悩んだそうです。
スカウトされたのは80年の6月で、優がまだ13歳の時でした。
その年の夏休みに、何もする事がなく、ゴロゴロしているうちに、
歌手への道にチャレンジする事に決め、スカウトしたモデル・エージェンシーに電話しました。
[52] 名前:名無しさん :2021/01/14 (木) 04:31:54 No.5134
5134.jpg (493KB)
BOMBの82年9月号の、7ページ目です。

最初に海外(グァム)に引っ越した時、まだ3歳だった優は、周りの子供が話す言葉が分からず、
泣いてしまったそうです。その時、41で書いたスーパーおばあちゃんが、
みんなは英語で話しているから、分からないのよ。あなたも英語を覚えなさい。
と言って、勉強させました。英語ばかり話していると、日本語(特に敬語)が疎かになるので、
日本語も教えました。ママになった優が、二人の娘に、英語と日本語の両方を教えているのは、
スーパーおばあちゃんが、そのモデルだった。と言っていました。
[53] 名前:名無しさん :2021/01/25 (月) 20:22:43 No.5217
5217.jpg (51KB)
コレでたっぷりヌキました。
[54] 名前:名無しさん :2021/01/27 (水) 09:56:40 No.5234
早見優さんのパンツ見たい!
[55] 名前:名無しさん :2021/01/29 (金) 03:58:22 No.5251
5251.jpg (486KB)
BOMBの82年9月号の、16ページ目です。
デパートのエレベーターで、6階から地下1階へ移動する間にスカウトされた事は、
最近でもよく話していますが、より詳しく書いてあります。
優が通っていた学校は、美人ぞろいで、モデルをしている娘も多かったそうです。
モデルの友達が多い中、芸能界入りを決心したのは、
モデルではなく歌手としてデビュー出来る事でした。

ハワイの優に会いに行った相沢正久は、サンミュージック社長(当時)の息子です。
山口百恵と三原順子をミックスしたような顔立ちと言われても、送られた写真からは、
想像が付きません。優の顔の魅力は、縦長の美人顔で、目が大きくて澄んでいるところです。
山口百恵や三原順子とは真逆な感じがするのですが。でも、優の初期のシングル
(2〜4曲目)が、マイナー調の曲で、バラードが多かったのは、
山口百恵や三原順子に似ているというスタッフのイメージが、反映されていたからでしょう。

>>53
風のいたずらのカット、ありがとうございます。
[56] 名前:名無しさん :2021/02/13 (土) 06:13:17 No.5376
5376.jpg (492KB)
BOMBの82年9月号の、8ページ目です。

(16ページ目の続き)
母は、歌手になる事に大反対でした。母のモデル時代に、嫌な思い出があったのか?
それとも、優の父親はジャズ歌手なので、離婚した原因が歌手だったためなのか?
ここでもスーパーおばあちゃんが、母を説得し、無事歌手への道を進ませてくれました。

松田聖子に芸能界の事を教えたのは、事務所の先輩の桜田淳子でしたが、
早見優の場合は、同じく事務所の先輩の太川陽介でした。岡田有希子の時は、
松田聖子も早見優も忙しかったので、芸能界の事を教えるアイドルが、いなかったのかな?
早見優は、松田聖子のステージを見て勉強しなさいと言われましたが、
あまりにもレベルが高すぎて、無理だと思ったそうです。
[57] 名前:名無しさん :2021/02/28 (日) 04:59:49 No.5498
5498.jpg (492KB)
BOMBの82年9月号の、17ページ目です。
この時代は、サン・ミュージックも大手の芸能事務所になり、
レッスン生の教室を持っていたんですね。ジャニーズ事務所の女の子版みたいです。
80年代は、男性アイドルはジャニーズ事務所、女性アイドルはサン・ミュージックと、
言われていました。

「やれば出来るくせに、何人かいる中で、わざと間違えて注目をひこうってところがあって、
いい意味で目立ちたがり屋でしたね。」と、ダンスの先生は言っていますが、
優の場合は、一人っ子で、転校も多かったので、早く周囲に溶け込みたくて、
そういう行動をとったと思います。他のレッスン生の証言からも、そう思いました。
[58] 名前:名無しさん :2021/03/17 (水) 02:25:18 No.5650
5650.jpg (497KB)
BOMBの82年9月号の、3つ折りピンナップです。
こんがりと小麦色に焼けた、優のビキニ姿です。
当時は、キョンキョンやちえみのファンから、「色黒いな。早見優って。」と言われていましたが、
歌番組のスタッフからは、「南沙織さんのようだ。」と言われていたそうです。
小麦色の肌で、英語がペラペラだからでしょう。

大学進学の際、上智大学を選んだのも、英語がペラペラの南沙織やアグネス・チャンが
進学していたからでしょう。
[59] 名前:名無しさん :2021/03/30 (火) 20:17:29 No.5757
5757.jpg (494KB)
BOMBの82年9月号の、18ページ目です。
81年3月に、歌手になるため来日したので、1年4か月ぶりのハワイへの里帰りです。
いとこの二人もハワイにきていたので、昔話で盛り上がっています。
6、7歳の頃の、イマジネーションの世界で、ドリーム・ランドに連れていった話は、
まるでピーターパンの世界のようです。
[60] 名前:名無しさん :2021/04/15 (木) 02:28:21 No.5873
5873.jpg (495KB)
BOMBの82年11月号の、1ページ目です。
「ザ・ベストテンにランクインすると、雑誌グラビアもカラーページが多くなる。」
と数年前のテレビで、優が言っていました。
確かに82年は、まだザ・ベストテンにランクインする前なので、カラーグラビアが少ないです。
この号のカラーグラビアも、9月号に載せきれなかったカットのようです。
[61] 名前:名無しさん :2021/04/30 (金) 05:41:42 No.6001
6001.jpg (486KB)
BOMBの82年9月号の、19ページ目です。
ハワイの知人・友人の証言が、いろいろ載っているページです。
勉強のできる子だった事を、家庭教師が証言しています。
後に上智大学に進学するほどだから、やはり頭が良かったのでしょう。

キョンキョンと明菜が対談するラジオ番組では、優ちゃんと寛子(三田)ちゃんは、
いつも大きなメガネをかけて本を読んでいた。と言っていました。
本といえば、ハワイの本屋さんでは、日本の雑誌が遅れないで入荷されるそうです。
テレビ番組は、遅れて放送されるのに。
[62] 名前:がきーん :削除 No.6003
がきーん
[63] 名前:名無しさん :2021/05/15 (土) 12:52:51 No.6125
6125.jpg (498KB)
BOMBの82年11月号の、2〜3ページ目です。
ハワイでは、ビキニが普段着だったという優ちゃん。
ハワイに帰省した時も、もちろんビキニで、ローラースケートで遊んでいます。
こういう姿から、スポーツ少女というイメージが、定着するんでしょう。
水泳大会では、泳がないで歩いている伊代ちゃんより遅かったほど、運動は苦手なのですが。
  竹島は日本の領土です。同意ならチェックを入れてください
投稿前に必ずここを読んで下さい
お名前
E-Mail
コメント
添付File
 
動画 コメントスペースにURLをコピペするだけです(YouTube,ニコ動に対応)