南野陽子2

[1] 名前:名無しさん :2019/07/16 (火) 00:18:34 No.3001
3001.jpg (493KB)
DUNKの86年6月号の、5ページ目です。
「スケバン刑事U」の前半で、高校を卒業したナンノですが、
その後半、「時には一緒に」「アリエスの乙女たち」と、高校生役が続きました。
それだけ、セーラー服を始めとする制服が似合うアイドルでした。
[43] 名前:名無しさん :2019/08/21 (水) 22:50:31 No.3163
3163.jpg (187KB)
DUNKの86年7月号から、ナンノのファーストコンサートのスケジュールが載っている記事です。
39でナンノが書いている事が、ファーストコンサートで実現しました。
[44] 名前:名無しさん :2019/08/21 (水) 22:52:19 No.3164
3164.jpg (498KB)
DUNKの86年9月号の、1ページ目です。
ナンノの幼少期からのカラー写真が、4ページに渡って載っています。
セレクトした27枚が載っていますが、
5冊のアルバムを合わせると全部で何枚撮られまくったのでしょう。
[45] 名前:名無しさん :2019/08/21 (水) 22:54:38 No.3165
3165.jpg (489KB)
DUNKの86年9月号の、2ページ目です。
1969年、「表情が麻宮サキになっとる!ひええっ!」
おメメをパッチリ開いて、真剣な表情をすると、麻宮サキの出来上がりって事かな。
1971年頃は、まだミニスカートのブームでした。
翌72年には、ミニスカートを超えるキワドイお姿で登場。
まだ幼稚園児ですが、この頃からナンノらしい表情になっています。
[46] 名前:名無しさん :2019/08/25 (日) 23:11:40 No.3184
3184.jpg (482KB)
DUNKの86年9月号の、3ページ目です。
ナンノの性格は、お嬢様というより、好奇心旺盛な女の子って感じですが、
家庭環境は、やはりお嬢様なのでしょうね。
1978年。自分の部屋に応接セットがあるとは。この頃から、
クラスメートの相談役を引き受けていたのでしょう。
1979年。ショートカットのナンノは、ナンノだと分かっていて見れば、
アイドル時代と変わらない表情ですが、予備知識なしでこの写真だけ見ると、誰だか分からないかも。
そのぐらい、髪型って大事だと思います。
[47] 名前:名無しさん :2019/08/25 (日) 23:16:43 No.3185
3185.jpg (488KB)
DUNKの86年9月号の、4ページ目です。
このあたりになると、アイドル時代とほとんど顔が変わりません。
1984年の体育祭の仮装行列のナンノ、ハッキリいって怖いです。
顔が綺麗な女性は、怖い化粧をすると、より怖くなると言われていますが、この仮装もそうです。
「スケバン刑事U」の後半に出てくる、訳の分からない敵役にもピッタリ(失礼)です。
[48] 名前:名無しさん :2019/08/25 (日) 23:20:30 No.3186
3186.jpg (486KB)
DUNKの86年10月号の、1ページ目です。
ナンノの初コンサート・ツアーのレポートが、4ページに渡って載っています。
アイドル歌手の初コンサートは、キチンと時間を作ってリハーサルするのが普通ですが、
「スケバン刑事U」の最後の収録の合間を縫ってのリハーサルとは。
歌手活動を行う事務所と、女優業を行う事務所が別だった弊害かも知れません。
スケバン刑事の三代目を演じる浅香唯との引き継ぎを、「覚えていない」と言っていたナンノですが、
コンサートのリハーサルに集中していて、引き継ぎどころではなかったのでしょう。
[49] 名前:名無しさん :2019/08/25 (日) 23:25:05 No.3187
3187.jpg (493KB)
DUNKの86年10月号の、2ページ目です。
シングル4枚、アルバム1枚しか出していないので、自分の曲だけではコンサートで歌う曲を
埋められないのは、アイドルのファーストコンサートとして当たり前であり、
70年代〜80年代前半にかけては、邦楽・洋楽取り混ぜて、他の人の曲を歌っています。
(この頃は、まだカバーという言葉が、定着していなかった。)
80年代後半になると、邦楽だけとなり、ナンノの場合はキャンディーズでした。
「ピンクの衣装で跳ね回るナンノさんは、確かにかわいかった。」
キャンディーズと言えばミニスカートですが、ナンノは履いていないでしょう。
[50] 名前:名無しさん :2019/08/25 (日) 23:31:36 No.3188
3188.jpg (492KB)
DUNKの86年10月号の、3ページ目です。
「自分ですごく、練習を積んでたみたいですね。歌も踊りも、最初からぜんぜん間違えない。」
(音楽担当)。デビュー曲のレコーディングの時、恥ずかしすぎて3日間歌えず
(デビュー曲のタイトルが「恥ずかしすぎて」に変更になるほど)、
レコーディングスタッフが一緒に歌って練習した結果、ようやくレコーディング出来た頃から、
1年半も経っていないのに、見違える進歩です。
後にナンノが、「みんなの期待・応援があってこそ、輝く事が出来るのがアイドル。」と
言っていましたが、まさに、みんなの期待に答えようとしたからこそ、
これだけの進歩があったのでしょう。
青年座マネージャーのコメントが載っています。歌手業と女優業で、別々の事務所が担当していた
との事であり、歌手業はエスワンカンパニーが、女優業は青年座が担当していたそうですが、
エスワンカンパニーには、コンサート(舞台と似ている)のノウハウが無かったので、
青年座が担当していました。なので、48で書いた弊害は、無かった事になります。
[51] 名前:名無しさん :2019/08/29 (木) 23:47:00 No.3204
3204.jpg (493KB)
DUNKの86年10月号の、4ページ目です。
「普通のアイドルのコだったら、声がだんだん弱くなっていくんですが、彼女の場合は逆でした。」
コンサート前に、リハーサルの時間があまり取れなかったので、
コンサート中に「毎朝、発声をやりなさい」と言う舞台監督の指示を守った事が、
回を重ねる毎に、声が出るようになったのでしょう。
舞台での芝居は、回を重ねる度に良くなると言われていますが、ナンノの場合は、
アイドルには珍しく、コンサートを行う前に舞台の経験があるので、
ナンノにとっては当たり前の事なのかも知れません。
振りのレッスンも、1日5時間で10日間、欠かさず行っています。
自分が運動オンチだと思っているからこそ、余計に熱が入るのでしょう。
ファーストコンサートで、これだけのレッスンをしたナンノなので、後により忙しくなり、
レッスンの時間が取れなくて、イライラしていたと言う気持ちも、分かります。
[52] 名前:名無しさん :2019/08/29 (木) 23:49:45 No.3205
3205.jpg (447KB)
DUNKの86年11月号から、5thシングル「接近(アプローチ)」の広告です。
2nd・3rd・4thシングルと、3作連続で「スケバン刑事U」の主題歌・挿入歌を
リリースして、安定したレコードセールスを記録していたナンノ。
「スケバン刑事U」の主題歌・挿入歌ではないこの曲でも、同様のセールスを記録しています。
なお、この曲は当初、1stシングル「恥ずかしすぎて」の次のシングルとして
用意されていた曲です。
[53] 名前:名無しさん :2019/08/29 (木) 23:51:24 No.3206
3206.jpg (247KB)
DUNKの86年11月号から、ラジオ番組「ナンノこれしき」の紹介です。
85年10月〜86年4月までの「落書きだらけのクロッキーブック」に続いて、
ナンノが担当したDJ番組であり、90年6月まで4年近く続いた、
ナンノのキャラクター全開の長寿番組でした。
アイドルの30分のDJ番組としては、最も成功した番組だと思います。
[54] 名前:名無しさん :2019/08/29 (木) 23:54:49 No.3207
3207.jpg (489KB)
DUNKの86年11月号から、3つ折りピンナップです。
5thシングル「接近(アプローチ)」の歌詞が載っています。
DUNK創刊時(84年6月)から1年半ぐらいは、3つ折りピンナップ、2つ折りピンナップ
含めて、1冊あたり10曲ぐらい、アイドルの曲の歌詞が、カラーグラビアに載っていました。
しかし85年年末ぐらいから、おニャン子クラブが紙面を席巻し始め、
それに呼応するかのように、アイドルの曲の歌詞は、白黒ページに追いやられて行き、
1冊あたりのカラーグラビアには、2曲程度しか載らなくなりました。
そんな中、42に載せた「風のマドリガル」に続いて、3つ折りピンナップに載っているナンノは、
確実に人気上昇を続けていました。
[55] 名前:名無しさん :2019/09/02 (月) 22:54:08 No.3224
3224.jpg (493KB)
DUNKの86年11月号の、1ページ目です。
いろいろな服を着られるから芸能界に入ったと言うナンノの、
ファッションセンスが光る1ページ目です。
[56] 名前:名無しさん :2019/09/02 (月) 22:57:46 No.3225
3225.jpg (488KB)
DUNKの86年11月号の、2ページ目です。
いろいろな服を着られるから芸能界に入ったと言っているナンノですが、
テレビで歌う時、一番良く着ていたのは、ロングドレス。
「女の子は、いつでも心の中では「お嬢様」と言う気持ちを忘れない事が、
 アイドルを目指すコには大事。」と、2006年頃の番組で言っているように、
お嬢様に一番似合うのが、ロングドレスなのでしょう。
[57] 名前:名無しさん :2019/09/02 (月) 23:06:35 No.3226
3226.jpg (483KB)
DUNKの86年11月号の、3〜4ページ目です。
「安いモノばかりでは着ないんです。必ず高いのと組み合わせる!
 そうすれば、安いモノまで高く見えるんですね。」
可愛くて綺麗なナンノだから、そう見えるのでしょう。普通のコなら、高いモノまで安く見えるかも。
左に載っているドラマ「時にはいっしょに」は、山田太一の脚本なので、
「スケバン刑事U」とは違い、長いだけじゃなく、感情表現が沢山含まれた難しいセリフも
ありました。弟役の角田英介 とのコンビがピッタリで、良かったです。
80年代の永瀬正敏って、売れた後の90年代以降と違い、ドラマでアイドルと結構共演して
いたんですね。「翔んだカップル」で秀美と、「時にはいっしょに」でナンノと、
「ママはアイドル」でミポリンと。でも、結婚したキョンキョンとは、共演していなかったです。
キョンキョンも、80年代の永瀬正敏は、良く知らなかったらしく、
自分と同じような、コミカルな演技をしていて、安心した。と結婚後に言っていました。
[58] 名前:名無しさん :2019/09/02 (月) 23:07:40 No.3227
3227.jpg (495KB)
DUNKの86年12月号の、表紙です。
この号では、表紙以外に、15ページの巻頭特集が載っています。
[59] 名前:名無しさん :2019/09/02 (月) 23:11:20 No.3228
3228.jpg (486KB)
DUNKの86年12月号の、1ページ目です。
BOMBでは10ヶ月前の2月号で、巻頭特集が組まれているナンノですが、
DUNKの86年は、おニャン子クラブでブレイクしたアイドル達の巻頭特集が次々と
組まれていたので、ナンノは遅くなってしまいました。そのためか、紹介記事的な内容は省き、
ファンの集いのイッカンとして訪れた鹿児島での、ナンノに密着した巻頭特集になっています。

これで、ハリコとしゃんばらに載せた画像は終わりです。
この続きからの新規画像は、次回からペースダウンして載せて行きます。
[60] 名前:名無しさん :2019/09/18 (水) 00:17:37 No.3294
3294.jpg (479KB)
DUNKの86年12月号の、2〜3ページ目です。
ナンノの表情は、可愛いというより綺麗ですが、この雑誌では、このカットのような
可愛いナンノの表情が全開です。このカットは、特に可愛くてキュートなので、
次のスレ画にしようかな。と思いましたが、このサイトのスレ画は、
横長のカットだと、サムネイル時に小さくなるので、やめました。
[61] 名前:名無しさん :2019/10/04 (金) 22:33:04 No.3379
3379.jpg (493KB)
DUNKの86年12月号の、4ページ目です。
可愛くて綺麗なナンノは、こんな表情をしても可愛いです。
[62] 名前:名無しさん :2019/10/17 (木) 00:42:46 No.3458
3458.jpg (492KB)
DUNKの86年12月号の、5ページ目は可愛いナンノの顔なので、次のスレ画に回して、
6ページ目です。まだ、オリコンベスト3に入るような大ヒットは出ていない頃ですが、
既に、暴動がおこりそうなフンイキと書いてあるほどの人気でした。
85年後半〜86年は、おニャン子クラブが全盛期でしたが、
その中で確実に人気が上昇していったのが、上昇順に、中山美穂・南野陽子・浅香唯・
工藤静香(おニャン子クラブ出身ですが)の、80年代後半のアイドル四天王です。
ナンノと同級生で仲が良かった本田美奈子は、全盛期がおニャン子クラブ全盛期と重なったため、
オリコン1位を取る事が出来ませんでした。
[63] 名前:名無しさん :2019/11/12 (火) 00:24:14 No.3545
3545.jpg (491KB)
DUNKの86年12月号の、7ページ目です。

昨年放送された女性歌手の歴代シングルレコード・CDのベスト100(オリコン調査)から、
80年代女性アイドルを抽出すると、13名でした。(偶然にも70年代女性アイドルも13名)
1、松田聖子(1550万枚) 2、中森明菜(1288万枚)
3、工藤静香(982万枚)  4、小泉今日子(942万枚)
5、中山美穂(872万枚)  6、Wink(489万枚)
7、河合奈保子(423万枚) 8、薬師丸ひろ子(396万枚)
9、柏原芳恵(347万枚)  10、南野陽子(337万枚)
11、荻野目洋子(306万枚) 12、酒井法子(305万枚)
13、菊池桃子(273万枚)
こう列記すると、5位と6位の差が開いていますね。
ナンノは、10位に滑り込みセーフという感じです。
  竹島は日本の領土です。同意ならチェックを入れてください
投稿前に必ずここを読んで下さい
お名前
E-Mail
コメント
添付File
 
動画 コメントスペースにURLをコピペするだけです(YouTube,ニコ動に対応)