菊池桃子5

[1] 名前:名無しさん :2021/03/18 (木) 23:54:06 No.5662
5662.jpg (494KB)
菊池桃子4 http://g2.gakinko.net/bbs/80nen35/res5029.html
菊池桃子3 http://g2.gakinko.net/bbs/80nen35/res4500.html
菊池桃子2 http://g2.gakinko.net/bbs/80nen35/res4052.html
菊池桃子 http://g2.gakinko.net/bbs/80nen35/res2513.html の続きです。

スレ画は、BOMBの84年10月号の、4ページ目です。
横縞タンクトップの上から、赤のタンクトップを重ね着しています。
下の短パンも似合う夏らしいカジュアル・ファッションです。
[17] 名前:名無しさん :2021/04/03 (土) 23:09:09 No.5782
5782.jpg (488KB)
BOMBの85年3月号から、チャンネルBの2ページ目です。
シリアスな感じのストーリーが細かく載っています。
出生の秘密ものは、シリアスなアイドルドラマの定番でした。
[18] 名前:名無しさん :2021/04/03 (土) 23:11:18 No.5783
5783.jpg (492KB)
BOMBの85年3月号から、チャンネルBの3ページ目です。

数年前、CSで一挙放送された「ホテル」(第一シリーズ)を見ました。
菊池桃子の連ドラは、主演の「ナースステーション」や「あの日に帰りたい」を始め、
いくつか見ているのですが、どれもシリアスな内容した。
でも「ホテル」は、可愛くて、意外に行動的な菊池桃子が見れて、満足しました。
[19] 名前:名無しさん :2021/04/03 (土) 23:12:54 No.5784
5784.jpg (486KB)
BOMBの85年3月号から、チャンネルBの4ページ目です。
同級生役の桃子の印象「女の子から見てもすごくかわいい。守ってあげたくなっちゃう。」
この頃の桃子の印象を、代表している感じです。
「ホテル」(90年)の頃は、可愛らしさはそのままでも、高島政伸を守ってあげる
優しさや、精神的なたくましさが加わりました。
女優として、着実に成長している事が分かります。
[20] 名前:名無しさん :2021/04/03 (土) 23:15:21 No.5785
5785.jpg (491KB)
BOMBの85年3月号から、チャンネルBの5ページ目です。
「写真撮るのがダーイ好き」という桃子が、取材のカメラやムービーカメラを覗いているカットが
載っています。日立のビデオムービーのCMも、カメラ好きの桃子だから依頼されたのかも。
ヘッドフォンをしているカットでは、「もっとセリフを歯切れよく。」と、
普段言われている言葉を、逆に言っています。

菊池桃子の囁くような喋り方は、この頃はセリフの歯切れが悪かったのかも知れませんが、
その後、本人の努力の結果、優しくて素敵な喋り方に変わり、
現在ではナレーションでも大活躍しています。
[21] 名前:名無しさん :2021/04/03 (土) 23:18:58 No.5786
5786.jpg (168KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、4ページ目の左上です。
後ろ髪を切る前の、84年の可愛い桃子です。
[22] 名前:名無しさん :2021/04/07 (水) 23:44:12 No.5813
5813.jpg (339KB)
BOMBの84年12月号から、アイドルカレンダーとファンクラブの紹介ページです。
白黒なので色は分かりませんが、白っぽい薄色のテニスウェアがとても似合っています。
文字部分は、離れていたので、合成しました。
[23] 名前:名無しさん :2021/04/07 (水) 23:48:45 No.5814
5814.jpg (85KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、4ページ目の中央です。
若さで元気いっぱいな感じの桃子です。
[24] 名前:名無しさん :2021/04/07 (水) 23:58:57 No.5815
5815.jpg (495KB)
BOMBの85年3月号から、ラジオ番組「桃子のすこし夜ふかし」の紹介です。
クイズ番組が好きな桃子は、クイズコーナーに興味津々です。
最近でも、番組パネラーとして出演して、名回答(迷回答もあり)ぶりを発揮しています。
[25] 名前:名無しさん :2021/04/08 (木) 00:04:11 No.5816
5816.jpg (78KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、4ページ目の左中央です。
窓から手を伸ばして柿を取っている桃子です。
最近では、子供に手がかからなくなってきたので、家庭菜園に凝っているそうです。
[26] 名前:名無しさん :2021/04/08 (木) 00:08:14 No.5817
5817.jpg (491KB)
写真探偵団の85年4月号から、ビデオ紹介ページです。
水曜ロードショー枠で放送されたドラマ「卒業」のシーンをメインにした、
グラビアビデオ「MOMOCO」の紹介です。
[27] 名前:名無しさん :2021/04/12 (月) 00:31:36 No.5846
5846.jpg (229KB)
投稿写真の84年10月号から、素人の撮ったパンチラ写真です。
無意識過剰な菊池桃子らしい、無防備なカットです。
[28] 名前:名無しさん :2021/04/12 (月) 00:41:24 No.5847
5847.jpg (497KB)
アクションカメラの85年9月号から、文化放送とのドッキング企画です。
映画「テラ戦士ΨBOY」の公開に合わせて、超能力とUFOの話が中心です。
ところで、右下のカットに書いてある「ポスト聖子は、3K1N」とは。
小泉今日子・菊池桃子・中森明菜の2K1Nは分かりますが、もうひとりのKとは?
多分、工藤夕貴でしょうか。前評判だけは高かったので。
[29] 名前:名無しさん :2021/04/12 (月) 01:13:01 No.5848
5848.jpg (493KB)
アクションカメラの85年9月号から、文化放送とのドッキング企画の続きです。
超能力とUFOの話が、いつの間にか熊の話に変わっています。
映画公開から1ヶ月ぐらいで、「テラ戦士ΨBOY」のビデオが発売されています。
角川映画の、映画公開と同時にビデオ発売という戦略の影響だと思います。
[30] 名前:名無しさん :2021/04/12 (月) 01:44:14 No.5849
5849.jpg (459KB)
DUNKの84年9月号の、1ページ目です。
2ndシングル「SUMMER EYES」の歌詞が載っています。
[31] 名前:名無しさん :2021/04/12 (月) 01:52:40 No.5850
5850.jpg (483KB)
DUNKの84年9月号の、2ページ目です。
色っぽいというより、可愛い桃子のユカタ姿です。
20歳までは、レコードジャケット以外はノーメイクで、まつ毛のカールもしていなかった。
と後に言っていましたが、この笑顔を見れば、まつ毛が真っ直ぐなのが判ります。
素が可愛ければ、ノーメイクでも可愛い事を、桃子が証明しています。
[32] 名前:名無しさん :2021/04/15 (木) 21:43:56 No.5874
5874.jpg (196KB)
2004年12月20日発行の「ザ・ベストテン」のムック本から、
4thシングル「卒業」の歌唱シーンと記事です。
確か倉沢淳美や尾崎豊も、同じ時期に「卒業」というタイトルの曲を出していますが、
今では覚えていません。
「同じ曲?と良く聞かれます。」と言っている菊池桃子と、斉藤由貴の曲だけ、
今でも覚えています。2曲とも、二人の代表曲になりました。
[33] 名前:名無しさん :2021/04/15 (木) 21:47:48 No.5875
5875.jpg (186KB)
「ザ・ベストテン」のムック本から、
6thシングル「もう逢えないかもしれない」の歌唱シーンと記事です。
4thシングル「卒業」〜10thシングル「アイドルを探せ」まで、
7曲連続オリコン1位を記録しましたが、「ザ・ベストテン」ではなかなか1位を取れず、
9thシングル「Say Yes!」の一曲のみでした。

「ザ・ベストテン」では、レコード売り上げ・有線放送・ラジオリクエスト・ハガキリクエストの
各ランキングの総合点で順位が決まり、各ランキングにはタイムラグがあるので、
レコード売り上げで1位を取る事よりも、各ランキングの上位に長くいる事が、
1位になる秘訣です。リリースと同時にレコード売り上げ1位となり、
その後ランクダウンしていく当時のトップアイドルには、厳しいランキング方式でした。
[34] 名前:名無しさん :2021/04/15 (木) 22:23:10 No.5876
5876.jpg (397KB)
DUNKの85年8月号には、5thシングル「BOYのテーマ」の歌詞が載っています。
5月9日にリリースされた松田聖子の、結婚・休業前の最後のシングル「ボーイの季節」の、
6日後である5月15日にリリースされています。
タイトルが似ているのは、単なる偶然でしょうか。

6日リリースを変えた事により、2曲ともオリコン1位を獲得しています。
ちなみに、オリコン年間ランキングでは、「ボーイの季節」が19位、
「BOYのテーマ」が22位なので、ほぼ同じ売り上げなのが判ります。
[35] 名前:名無しさん :2021/04/15 (木) 22:25:15 No.5877
5877.jpg (489KB)
DUNKの85年10月号から、レコード評のコーナーです。
同期のユッコと一緒に、2枚目(ユッコは3枚目)のLPをレポートしています。
おニャン子くらぶの人気が出てきた頃なので、差別化のためか、
「美少女から美女へのデッドヒート」というタイトルになっています。
[36] 名前:名無しさん :2021/04/15 (木) 22:27:20 No.5878
5878.jpg (495KB)
DUNKの85年11月号から、シングルの歌詞が載っているコーナーです。
ここでも同期のユッコと一緒です。84年組では、この二人がトップアイドルでした。
(荻野目ちゃんは、86年から人気爆発。)
「♪もう逢えないかもしれない 秋は旅人」と言うサビの部分が耳に残るメロディですが、
耳タコ状態にならないのは、桃子の囁くような優しい声のおかげです。
[37] 名前:名無しさん :2021/04/20 (火) 01:24:16 No.5911
5911.jpg (365KB)
写真少年の85年6月号の、素人が撮った写真の左側です。
27と同じく、素人が撮ったパンチラ写真が載っています。
同じ会場のものでしょうが、同じ撮影者かどうかは、分かりません。
顔が削れていない分、こちらの方がマシでしょう。
[38] 名前:名無しさん :2021/04/20 (火) 01:31:07 No.5912
5912.jpg (107KB)
写真少年の85年6月号の、素人が撮った写真の右上です。
高校1年の頃の桃子は、日焼けした肌が似合います。
親との約束で、事務所に学業優先にしてもらい、高校(日出女子学園)は、
放課後の掃除当番までしていた桃子。仕事は、PM5:00からだったそうです。
体育祭にも参加し、その練習までしていたので、日焼けした肌になったのかも知れません。
[39] 名前:名無しさん :2021/04/20 (火) 01:45:54 No.5913
5913.jpg (102KB)
写真少年の85年6月号の、素人が撮った写真の右下です。
大磯ロングビーチと言えば、芸能人水泳大会の場所として有名でしたが、
桃子は、水泳大会には参加していないイメージがあります。
イベントで行ったのでしょうか。

水泳大会と言えば、工藤静香がセブンティーンクラブの一員だった頃、水泳大会に出ていましたが、
競技に参加したのは、センターのコだけで、テレビに映ったのは、水着で3人で歌っているシーン
だけだったそうです。水着で歌うのが、すごく恥ずかしかった。と最近語っていました。
セブンティーンクラブは、85年に活動していたグループなので、この頃でしょう。
[40] 名前:名無しさん :2021/04/20 (火) 01:49:50 No.5914
5914.jpg (485KB)
GOROの87年11月12日号から、シングル「ガラスの草原」の広告です。
アイドル時代の菊池桃子の最後のシングルです。それが、連ドラ初主演の主題歌になっています。
アイドルとしての仕事の一部分として、アイドル歌手をしていたに過ぎない菊池桃子は、
簡単に人気アイドル歌手としての座を捨て、トレンディードラマ〜純愛ドラマに、
なくてはないない主演女優に、成長して行きました。
[41] 名前:名無しさん :2021/04/20 (火) 01:56:40 No.5915
5915.jpg (497KB)
GOROの88年10月13日号から、インタビューです。
ロックバンド「ラ・ムー」結成について、語っています。
おニャン子クラブ解散を引き金にして、80年代の空前のアイドルブームは、
まるで潮が引くように、去って行きました。
代わって台頭してきたのが、ロックバンドブームであり、その流れに乗ろうとしたのでしょうか。

自分はアイドルではなくアーティストだと公言していた、本田美奈子のロックバンド結成は、
当然の流れだと思いましたが、菊池桃子とロックの組み合わせには、
この記事にも書いてある通り、どうしても違和感が付きまといました。
しかし、人気アイドル歌手の座を簡単に捨てられる菊池桃子にとって、
一度はやってみたかった事であるのが、このインタビューから分かります。
[42] 名前:名無しさん :2021/04/25 (日) 04:17:56 No.5947
5947.jpg (495KB)
2004年発売の「ザ・ベストテン」のムック本から、インタビューの1ページ目です。
このムック本は、当時年末にザ・ベストテンの復刻版を放送していた関係で、
出版された本だと思います。復刻版は、この2004年まで放送され、
翌2005年に、番組プロデューサー山田修爾が定年退職したため、作られなくなりました。
[43] 名前:名無しさん :2021/04/25 (日) 04:26:28 No.5948
5948.jpg (497KB)
「ザ・ベストテン」のムック本から、インタビューの2ページ目です。
「自然体で普通っぽい魅力は、それまでとは違うアイドルの登場として話題になった。」
70年代は、浅田美代子のように、普通っぽい魅力で売ったアイドルもいました。
桜田淳子や山口百恵のように、制服のままリハーサルをするアイドル
(当時は学生タレント、略して学タレ)も、沢山いました。

しかし、高校を卒業してからデビューしたピンクレディーや松田聖子、
高校を中退してデビューした小泉今日子、高校にほとんど通っていない中森明菜が、
スーパーアイドルとなり、いつしか、学タレや清純派アイドルは、
メインストリームではなくなっていました。

その間、学タレも沢山いましたが、その大半は堀越の芸能コースでした。
そんな中、山口百恵と同じ日出女子学園に真面目に通い、学業と人気アイドルとしての仕事を
両立させていた菊池桃子は、青春アイドル・清純派アイドルという表現がぴったりな
ひさびさの人気アイドルであり、学生タレントの魅力を復活させてくれました。
菊池桃子も、同期の故・岡田有希子と仲が良かったようです。
同じく同期の荻野目洋子も、仲が良かったです。
[44] 名前:名無しさん :2021/04/25 (日) 04:39:33 No.5949
5949.jpg (155KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、4ページ目の右の下から2番目です。
80年代は、吉田照美が、アイドルのインタビューをする名人のひとりでした。
アイドルと一緒にラジオ番組をしていた印象も、たくさんあります。
[45] 名前:名無しさん :2021/04/25 (日) 04:47:52 No.5950
5950.jpg (133KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、4ページ目の右下です。
車の助手席で、マイクを持っている桃子です。
ナンノは、車の中で歌を覚えたり、歌の振り付けを考えたりしていたそうですが、
桃子も同じだったのでしょうか。
[46] 名前:名無しさん :2021/04/25 (日) 04:53:38 No.5951
5951.jpg (288KB)
20世紀アイドルスター大全集〜80年代編の、4ページ目の左下です。
これで、ハリコやしゃんばらに載せた画像の再アップは、終わります。
次回からはペースダウンして、新規の自炊画像を貼っていきます。
[47] 名前:名無しさん :2021/05/09 (日) 03:15:09 No.6081
6081.jpg (432KB)
BOMBの83年10月号です。
菊池桃子のBOMB初登場は、レコードデビューより7か月以上前(雑誌発売は、9月初)の、
この号でした。三田寛子と同様、レコードデビューより前に、
ドラマや映画での活躍があったから、早くから載っていたのでしょう。
  竹島は日本の領土です。同意ならチェックを入れてください
投稿前に必ずここを読んで下さい
お名前
E-Mail
コメント
添付File
 
動画 コメントスペースにURLをコピペするだけです(YouTube,ニコ動に対応)