デジタルオーディオの世界

[1] 名前:名無しさん :2011/09/30 (金) 18:09 No.173
173.jpg (35KB)
CDなどの普及でオーディオは今や殆どがデジタル(ただしくはディジタルかな?)化されたと言える。
デジタル信号は理論的には劣化がなく、周波数帯域も可聴域を超える高域・低域をカットしてあるので、安物の再生機器でもあまり音質に差がない。しかし、音として出てくる所はスピーカーで、コーン紙などの振動で音を出す昔ながらのアナログである。アナログは価格の差(=性能の差)がモロに現れる。だから、スピーカーだけはケチらずに高級品を選ぶとよいのだが、それだけで済まないのがオーディオの難しさだ。
高品質の大型スピーカーの性能を発揮させるには、パワーに余裕があり正しくスピーカーを駆動できる能力を備えた高級アンプが必要になる。
そして思う…最終的な音の出口は、原理的にはエジソンの時代から進歩していない…早く、誰か歪のないデジタルスピーカー(仮称)を開発してくれないものだろうか?
ところで、大枚はたいて高級オーディオシステムを構築しても、リスニングルームがうさぎ小屋では高級な音が鳴らないし、たとえ立派なリスニングルームをしつらえても、がさつなオーナーが鳴らせば音は高級でも音楽としては低級なんてことも起こりうるのがこの世界。
うっかり踏み込むと大変なことになる。
[2] 名前:名無しさん :2011/09/30 (金) 18:43 No.176
176.jpg (20KB)
昔、昔といってもそれほど大昔てもないが、街の映画館が一斉に転業・廃業する少し前だった。
知り合いの映画館で、開館以来何十年か過ぎてスクリーンが黄ばんで薄汚れた感じになってしまい、更新することになった。ついでにスピーカーも点検すると、ネズミが噛んだような穴が開いていたので、最新型に入れ替えた。
スクリーンは明るくクリアに見えるようになって良かったが、どうも音響がイマイチである。皆、以前のほうが良い音だったと口をそろえる。試しに穴あきの古いのに戻してみると、何と良い音で鳴るではないか!
何度か交互に接続を繰り返し聴き比べた結果、元のスピーカーを使うことにしたそうだ。
スピーカーは、一定期間使い込んで環境になじませなければ良い音が出ないという一例である。
[3] 名前:名無しさん :2011/11/30 (水) 02:35 No.254
デジタルってのがよくワカリマセン。
アナログは何となく雰囲気はわかる気がするが、気がするだけでデジタルよりも更にワカリマセン。
ワカル必要があるのだろうか?
自分なりに、良い音だなや! とか 良い音楽だなや!
そう思えたら良いのではござんせんか?
[4] 名前:名無しさん :2016/09/17 (土) 20:57:04 No.552
長いお
  竹島は日本の領土です。同意ならチェックを入れてください
投稿前に必ずここを読んで下さい
お名前
E-Mail
コメント
添付File
 
動画 コメントスペースにURLをコピペするだけです(YouTube,ニコ動に対応)