インプレッサ

[1] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 06:44 No.570
570.jpg (279KB)
スバル!!次期インプレッサ公開!!
[2] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 06:45 No.571
571.jpg (229KB)
次期インプレッサ
[3] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 06:46 No.572
572.jpg (163KB)
次期インプレッサ
[4] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 06:46 No.573
573.jpg (164KB)
次期インプレッサ
[5] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 06:47 No.574
574.jpg (128KB)
次期インプレッサ
[6] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 06:47 No.575
575.jpg (149KB)
次期インプレッサ
[7] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 06:48 No.576
576.jpg (120KB)
次期インプレッサ
[8] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 07:45 No.577
577.jpg (35KB)
次期インプレッサ
ハッチバック
[9] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 07:45 No.578
578.jpg (41KB)
次期インプレッサ
ハッチバック 
[10] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 07:45 No.579
579.jpg (41KB)
次期インプレッサ
ハッチバック  
[11] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 07:46 No.580
580.jpg (54KB)
次期インプレッサ
ハッチバック   
[12] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 07:46 No.581
581.jpg (57KB)
次期インプレッサ
ハッチバック    
[13] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 07:47 No.582
582.jpg (69KB)
次期インプレッサ
ハッチバック     
[14] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 16:08 No.584
ボディには新パッケージを採用し、Aピラー下端を前方に200mm、
ホイールベースを25mm拡大するとともに、ドア構造を見直すことで、
全長や全幅は従来と変えることなく、室内スペースを拡大、
ショルダー&エルボースペース、後席足下にゆとりを持たせたという。

車体サイズは
4,580(4ドア)/4,415(5ドア)×1,740×1,465mm(全長×全幅×全高)、
ホイールベースは2,468mm、
トレッドは1,510(前)/1,515(後)、
車重は1,320kg(2.0i 4/5ドア)、
乗車定員は5名。
[15] 名前:名無しさん :2011/04/23 (土) 16:14 No.585
 First Look: 2012 Subaru Impreza

[16] 名前:名無しさん :2011/04/24 (日) 01:34 No.586
586.jpg (130KB)
兄さん!
[17] 名前:名無しさん :2013/04/19 (金) 12:36 No.801
富士重「HVは独自開発」 加速性能向上、SUVで燃費性能トップに

富士重工業は18日、同社初のハイブリッド車(HV)「スバルXVハイブリッド」を7月にも発売すると発表した。
人気のスポーツ用多目的車(SUV)の中で燃費性能がトップとなるガソリン1リットル当たり20.0キロを達成。
電気モーターにターボチャージャー(過給器)の役割を担わせ、加速性能を向上させた。
HVの投入はマツダと並び最後発となるものの、走りを重視した設計で若者らにアピールし、巻き返しを狙う。
富士重はHVで業界をリードするトヨタ自動車と提携関係にあるが、新型車は自社開発した。
発進時に電気モーターだけを使う仕組みは他社のHVと同様だが、
低速から中速走行に切り替わる際や高速走行時にエンジンと電気モーターを両方使うことで、
ガソリン車を上回る加速性能を備えたのが特長だ。
価格設定は公表しなかった。
[18] 名前:名無しさん :2013/04/19 (金) 12:36 No.802
802.jpg (28KB)
東京都内で会見した吉永泰之社長は
「モーターでアシストして走りを楽しめるという提案は、電動化時代におけるスバルの生き方の第一歩。
HVは特別な技術ではなくなっているが、このモデルは運転の楽しさを実感できる」と、他社との差別化に自信をみせた。
 
ブレーキや減速時のエネルギーを電気モーターに蓄えるなどの工夫も取り入れ、
燃費性能はSUVでこれまでトップだったマツダ「CX−5」(ディーゼルエンジン車)の18.6キロを上回った。
 
SUVではなく、セダンなどでHVを出して燃費性能にこだわる選択肢もあったが、
竹内明英プロジェクトゼネラルマネージャーは
「これまでのHVは画一的なデザイン。購入を見送った人も多い」と、SUVでHVを投入する意義を強調した。
  竹島は日本の領土です。同意ならチェックを入れてください
投稿前に必ずここを読んで下さい
お名前
E-Mail
コメント
添付File
 
動画 コメントスペースにURLをコピペするだけです(YouTube,ニコ動に対応)